スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京大茶会2015

2015年10月11日 00:01

3連休初日、浜離宮で行われた東京大茶会へ出掛けました。
きれいな石を見つけると夢中で拾いはじめ、大きな木を見ると
「木登りしたい!」と主張する4歳児を連れ、若干不安を抱えてのお茶会でしたが
野点席は子連れでも全く問題なく、娘も大人しくお茶を楽しみ
大満足の一日を過ごすことができました。

野点席3席+自分でお茶を点てる「茶道はじめて体験」に参加、
1席300円でお茶会に参加できるなんて、しあわせ~。
十二単の着装や帯結びの着物ショーなどもありました。
151010_2

着物姿のお客様は2割ほどだったでしょうか。
子供の着物姿は皆無だったので多くの方に声を掛けていただきました。
待ち時間に着物談義をするのもお茶会の楽しみですね。
ちなみに、この日娘が着ていたのは私の訪問着を仕立て替えた四つ身と
絞りの羽織を被布に仕立て替えたものです。箪笥の肥やし×2、材料費ゼロ円!
151010_3

外国からのお客様も大勢いらっしゃり、娘はしっかり写真撮影に応じておりました。
着物レンタルや着付けサービスもあって皆さん喜んでいらしたので
なんだか私も嬉しくて!年に1度といわず、何度も開催して欲しい東京大茶会でした。
151010_1

宿場祭り

2015年10月03日 00:33

先週末、東海道宿場祭りへ出掛けました。
毎年金木犀が香る頃開かれるこのお祭り。
いつもは静かな街道沿いに多くのお店が並び、
全国から美味しいものが集まるということで
綿菓子食べたい!という娘を連れて二人でぶらぶら歩きを楽しみました。
151003_1

露店で買ったものを屋外で食べることを予想して、
娘にはエプロンを着せ、私は洗える単衣を着ました。ポリの着物はその品質がピンきり。
以前は断然正絹派!でしたが、正絹と見分けのつかないほどの手触りのものを
知ってからは素材の差はあまり気にしなくなりました。

お天気の悪い日など、汚れることを気にして着物を着る選択肢が減ってしまうぐらいなら
ポリの着物をうまく活用したいと思います。
大きな綿菓子にかじりつき、きな粉いっぱいのつきたてのお餅をほおばり、
公園のベンチで休憩し...
正絹の着物だったら緊張の連続だったであろう一日でしたが洗える着物さまさまです。

おばあちゃん方に「親子で着物、いいわねぇ。」とたくさん声をかけて頂き
時には着物話に花が咲き、「うちのかあちゃんは一年中着物だったから嬉しいねぇ!」
とたくさんおまけしてもらったり、着物のお陰で笑顔いっぱいの宿場祭りなのでした。
151003_2


合羽橋~浅草散歩

2015年09月25日 21:29

着物でのお出掛けが一層楽しい季節となりました(と一年中言っておりますが...)。
なかなかリアルタイムで更新できませんが、重陽の節句の頃、
はやりの"親子リンクコーデ"?着物バージョン、
菊柄で娘と揃えて合羽橋から浅草周辺をぶらぶらしてきました。
151925_3

娘は階段で裾が引っかかるのを嫌がるので着丈短め&スニーカーです。
私はむじな菊の小紋に博多帯。
浅草界隈は着物でも浮かない街なのでなんとなく気が楽です。
人目を気にしていたら着物で外出なんてできませんが...。

ランチはいつもの焼肉屋さんへ。普段着なので気にしない、気にしな~い。
子連れでゆっくりできるお店選びはなかなか難しいのですが、
お座敷でゆっくりできて娘の怖がらない(←こことっても重要!!)
きれいなお手洗いのあるお店はほんとに貴重です。

合羽橋といえば食品サンプル
151925_1

今年の夏は暑さに負けてほとんど着物を着る機会がなかったので、
秋はぜひぜひリベンジしたいです。

浴衣で羽田へ

2015年07月27日 07:20

出張先から帰国する主人を出迎えに娘と羽田へ行きました。
「パパにかわいいって言ってもらいたいから浴衣着て行く~」という娘、
夏祭りや花火大会に浴衣を着る10~20代女子と同じ発想にびっくり。
空港に浴衣、面白いので私も着ちゃいました。
150727_1

それにしても、毎日のこの暑さといったら!!
手持ちの浴衣の中で1番涼しそうな綿絽・バチ衿・身丈短め の1枚にしました。
身丈が短めだとおはしょりの分量が少ない分着付けには注意が必要ですが、
お腹周りがすっきりして多少なりとも浴衣では着やすくなると思います。

国際線ターミナルでは写真を撮られたりしてちょっと恥ずかしかったのですが
夜遅い時間だったので、国内線ターミナルでは空港っぽいアングルで写真を撮ったり
飛行機を眺めながら食事をしたりして充分楽しんできました。
150727_2

訪問着を四つ身へ

2015年07月22日 22:35

家族で結婚式へ出席することになり、礼装を着るめったにないチャンス!!と
喜んだのもつかの間、最高の繁忙期に突入。娘の着物だけは新調したい、と
手間と費用が最小限で済む案をひねり出し式の前日になんとか完成させました。
150722_2

4歳児の着物、着心地の悪さから式の途中でぐずるのは絶対に避けなければならないので
できるだけ軽く、楽に着られて娘が心ときめく色と柄で!とかなりハードル高し。
洋服にすれば?と意地悪く言われそうですが、「結婚式に着物を着る」というのは
娘の希望でして。嬉しい発言、全面的に協力です。
150722_1

子供が着物を着るなんて七五三ぐらいになってしまった昨今、
子供用の反物は入手困難、とにかく時間がない、どうしよう...
七五三の祝い着を流用するのは最終手段として、新しい着物を縫いたいという
私の勝手な意地もあり、ない知恵を振り絞って考えた結果、
箪笥の肥やしになっていた私の訪問着を四つ身に仕立て直すことにしました。

なぜか「梅のお花の着物が着たい」というこだわりがあった娘、ぴったりの訪問着が
あるじゃない~!!小学生になっても十分着られるように、裄と身丈は仕立て方を工夫し
軽くするために見頃は胴抜きにしました。
150722_3

帯は袋帯の芯をはずして文庫の作り帯に仕立て直しました。
着付けの授業でかなり使い込んだくたくたの帯が再利用できて良かったです。
式の時だけ帯を結んで披露宴はエプロンに着替えて楽に食事ができるようにしました。
昔の雑誌に出てくるような着物エプロン、縫ってみたかったのです。
150722_4

150722_5
結婚式の意味をどれだけ理解しているかは不明ですが、主人と腕を組んで廊下を歩く結婚式ごっこが
毎日続いています。急がなくていいからね、ゆっくり、ゆっくりね。

浴衣

2015年07月21日 17:06

御無沙汰しております。毎日やることを詰め込みすぎて
少々息切れしながら、気が付くともう7月!!!
娘が保育園から幼稚園に変わり、和裁の仕事量を保つにはどうしたらいいか
試行錯誤の日々でしたが、なんとかペースもつかめてきました。

今年は桜が咲く前から浴衣や夏着物のご注文を多数頂戴していて
ご希望の納期に間に合わない場合はご依頼をお断りすることもあり
とても心苦しく思っております。申し訳ございませんでした。

先日、なんとか今季最後の浴衣を納品することができ、幼稚園の夏祭り用に
娘の浴衣を仕立てました。
150721_1

子供用の反物は数が少ないうえに柄がイマイチ。昭和なものも今どきなものも
いやだなぁ、とネットを徘徊してやっと和柄の洋服地をみつけました。
(※ご参考までに、4~5歳ぐらいの4つ身の浴衣なら洋服地2.5mで充分作れます。)
150721_2

帯は私の兵児帯を流用。和裁を勉強する何年も前に買った兵児帯ですがかなり活躍しています。
子供は兵児帯が楽ですね。脱ぎたいとは言わず、何時間も大丈夫でした。

夏祭りのハイライトは盆踊り!年少クラスもしっかり振りを覚えて、400人が輪になって踊る姿は圧巻でした。
夜なべの苦労も吹っ飛び、夏祭りもいいものだなぁ、としみじみ思った初夏の夕暮れでした。
[浴衣]の続きを読む

入園式

2015年04月21日 00:07

先日、無事幼稚園の入園式を終えました。
きちんとした洋服はほとんど持っていないため迷わず着物を着たのですが
案の定かなりの少数派。でも周りになんと言われようとも娘の成長の節目には
着物を着てお祝いしたいと思うのです。
150421_1

写真をたくさん撮るから、と補整もしっかり礼装バージョンにしたところ
案の定疲れてしまい翌日~翌々日までダウン。
真冬並みの寒さに加え、祖父母を招いての食事会も行い早朝から一日張り切ってしまったのが
良くなかった模様。
以前は何時間着物を着てもなんともなかったのに、やはり週1回ぐらい
コンスタントに着ていないと体が順応しないみたいです。
大好きな着物を着て疲れてしまうなんて、悲しすぎます...

入園グッズはにゃんこばかり。
150421_2
出来上がってみるとなんてことはない作りなのに、
布を選んで指定サイズ通りに作るのはかなりの労力でした。
この他にも座布団カバーやお弁当グッズなど数点作りました。がんばった、私。
「にゃんにゃん、幼稚園いこ~!!」と毎朝娘がバッグに話しかけているので
夜なべした母さんは疲れが吹き飛びます。

フリマの着物 働く日の着付け

2015年03月17日 23:44

フリマの日は両日とも心配な空模様だったので大島を着用しました。
「洋服に例えるとジーンズ」と言われる通り丈夫で湿気にも強い。
重たいスーツケースを抱えて階段を上り下りするような
ハードな動きをする日にはぴったりの素材です。

そして、フリマの日は着付けの方法が疲労度に直接影響します。
いつもより補正は少なく、腰ひもは1本省いて衿芯は使わない。
帯は帯枕を使わないもの(半幅やファブリック帯)または帯芯の柔らかい帯にする。
試行錯誤の結果、自分に合った「働く日の着付け」ルールができました。
本当はもっと頻繁に着物を着る生活を送り、体が着物に慣れればいいのでしょうが...

衿芯、いつもはプラスチックのものを使っているのですが
着用時間が長時間に及ぶと片頭痛持ちの私は大体頭痛が始まってきます。
着物を着ると肩がこる方、疲れやすい方には衿芯を変えてみることをお勧めします。

3/7の着物
150317_1
北欧風の柄行の大島に自作のファブリック帯。
手芸店でみつけたバティック風インド綿をただ長方形に縫っただけです。
帯枕を使えばお太鼓結びもできますし半幅帯のように多くの飾り結びも楽しめます。

3/14の着物
150317_3
初めて袖を通した頂き物の大島に羽織を解いて作った帯。
私の好みを察して、憧れの女性がプレゼントしてくださった着物。
頂き物の着物を着ている日はそれだけで嬉しく幸せ気分です。

<おまけ>
150317_2
根付の代わりに...食品サンプルのエビフライ オイリーな感じまで再現されていて素敵なのです
お小遣いとフリマの七つ道具を入れたにゃんこポーチはなかなかいい仕事をしてくれました



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。