スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶のお稽古

2016年06月24日 23:04

先月から仕立ての仕事は浴衣祭り。今年も10枚ほど縫わせていただいています。
梅雨の合間を見計らって反物を水通し。13メートルの木綿をアイロンがけするのはなかなか
大変な作業ですが、手が抜けない大切な工程です。

長らくお休みしていた茶道のお稽古ですが、秋のお茶会でお点前をさせていただくことになり
今月から再開しました。
辛いのはなんといっても正座。怠けていた分がそのまま体に出ますね。
数日間続く筋肉痛に毎週悩まされています。

6月に入ると悩みの種は単衣に合わせる帯と半衿、長襦袢。
気軽なお出掛けとはまた違って、お茶のお稽古には一層気を使います。
でもまたそれが楽しみの一つでもあるのですが。

<こんな着物でお稽古しました>
町田の骨董市で出会った着物と帯。
この帯、紫陽花の刺繍で本当に手が込んでいるのですが着用時期がかなり限られていて
目の保養専用になっていたのですが、やっと使うことができました。嬉しい!
長襦袢はうそつきを着用。
160624_1


困ったときのお助け帯。
京都北野天満宮の骨董市で出会った八寸名古屋帯。リボンが織り込まれている変わった帯です。
未使用なのに目立つ汚れがあり、自分で仕立て直した大切な帯。
帯合わせに困る着物はこの帯にSOS。一番着用回数が多い功労者です。
長襦袢は麻。やっぱり涼しさは格別ですね。もう一枚欲しい!
160624_2
スポンサーサイト


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matatabiyablog.blog60.fc2.com/tb.php/430-f1d75255
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。