スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問着を四つ身へ

2015年07月22日 22:35

家族で結婚式へ出席することになり、礼装を着るめったにないチャンス!!と
喜んだのもつかの間、最高の繁忙期に突入。娘の着物だけは新調したい、と
手間と費用が最小限で済む案をひねり出し式の前日になんとか完成させました。
150722_2

4歳児の着物、着心地の悪さから式の途中でぐずるのは絶対に避けなければならないので
できるだけ軽く、楽に着られて娘が心ときめく色と柄で!とかなりハードル高し。
洋服にすれば?と意地悪く言われそうですが、「結婚式に着物を着る」というのは
娘の希望でして。嬉しい発言、全面的に協力です。
150722_1

子供が着物を着るなんて七五三ぐらいになってしまった昨今、
子供用の反物は入手困難、とにかく時間がない、どうしよう...
七五三の祝い着を流用するのは最終手段として、新しい着物を縫いたいという
私の勝手な意地もあり、ない知恵を振り絞って考えた結果、
箪笥の肥やしになっていた私の訪問着を四つ身に仕立て直すことにしました。

なぜか「梅のお花の着物が着たい」というこだわりがあった娘、ぴったりの訪問着が
あるじゃない~!!小学生になっても十分着られるように、裄と身丈は仕立て方を工夫し
軽くするために見頃は胴抜きにしました。
150722_3

帯は袋帯の芯をはずして文庫の作り帯に仕立て直しました。
着付けの授業でかなり使い込んだくたくたの帯が再利用できて良かったです。
式の時だけ帯を結んで披露宴はエプロンに着替えて楽に食事ができるようにしました。
昔の雑誌に出てくるような着物エプロン、縫ってみたかったのです。
150722_4

150722_5
結婚式の意味をどれだけ理解しているかは不明ですが、主人と腕を組んで廊下を歩く結婚式ごっこが
毎日続いています。急がなくていいからね、ゆっくり、ゆっくりね。
スポンサーサイト


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matatabiyablog.blog60.fc2.com/tb.php/418-ca69e83a
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。