スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縫って、着て、着せて結婚式

2014年01月20日 23:59

先週末、結婚式へ出席しました。
和裁士会のスローガンに「縫って、着て、着せられる和裁士」
というのがありましたが、まさにそんな一日。
でも実は年末から悩みの種だったことの一つです。

それは母の大親友の息子さんの結婚式で、3・5・10歳3人の女の子の着付けを
頼まれてしまったのでした。
10歳の子は私が縫った着物を着てくださるということで、
縫った着物の着付けをさせていただく機会なんて滅多にないので
とても嬉しかったのですが、慣れない子供の着付けなんて大丈夫かしら、
と一抹の不安。
事前にお子さん達に会ってリハーサルもして当日を迎えました。
140120_2

なんとか無事に着付けは完了、そのあと自分も訪問着に着替えました。
140120_1

卒業制作で縫ったこの訪問着、なかなか着る機会がありませんが
苦労した分愛着があります。
更衣室で黒いワンピースを着て着付けをしていたら式場の人と間違われ
何度も「お手洗いどこですか?ドライヤーありませんか?」と聞かれ
違います、と言うのも面倒なのでわかる範囲で笑顔で対応。
それはそれで楽しい思い出となりました。

新郎新婦は和装のみでとても素敵なお式でした。
私も打掛を着てみたかったです。次に機会があれば...(笑)
スポンサーサイト


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://matatabiyablog.blog60.fc2.com/tb.php/373-5e59b653
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。