スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/8(土)神楽坂きものフリマ出店いたします

2014年01月27日 20:29

先週の土曜日、娘と一緒に“くろまめ*着物茶論in中野”へ
行ってきました。
予報通りのぽかぽか陽気、フリマ日和で楽しいひととき。
娘には5つ紋の一つ身を着せ、私は絞りの小紋で。
140127_2

絞りの凹凸は暖かいだけではなく着崩れも防いでくれるので
子供を抱っこしてフリマ会場の階段を上り下りしても大丈夫でした。
小さな汚れも見えにくいのでママにもおススメです!

小さな子供が着物を着ているのは珍しい光景なので
「何かのお祝いですか?」と声を掛けられる度に人見知りの娘は仏頂面。
もっとニコニコしてくれたら母は嬉しいのですが...
140127_3

次回は3/8(土)に神楽坂きものフリマへ出店いたします。
詳細はまたこちらでご案内いたします。
140127_1
スポンサーサイト

五つ紋のアンティーク祝い着

2014年01月25日 00:03

娘が生まれたときに頂いたアンティークの祝い着。
140125_1

「古いから端切れとして何かに使って」とのことだったのですが、
しつけ糸がついたままで現代のものにはない素敵な色合いと刺繍。
いつか着せたいと思いつつも自分で縫ったものの方が優先順位が高く
なかなか着せる機会がなかったのですが、娘ももうすぐ3歳。
一つ身を着られるのもあとわずかなので箪笥から出してきました。

頂いたときはお宮参りの祝い着の状態でした。
最近は女の子の祝い着には家紋を入れないのが普通らしいのですが、
この着物には梅鉢の5つ紋が入っています。
抱き紋や袖紋の近くにはちょうど梅の絵があり家紋も絵柄の一部のように見えます。
140125_2

これを一つ身として着せるには肩上げと腰上げ、袖下の直しが必要なのですが
数十年も昔のもので生地がかなり傷んでいる状態。
しつけ糸も指でつまむだけでぽろぽろと切れてしまうので
手を入れるのは最小限にとどめました。
着用後は祝い着に戻して保管しようと思います。

↓衿周りの汚れ防止を兼ねて伊達衿風に絞りの端切れを縫いつけてみました。
140125_3
これを着せて明日のフリマへ...
本人はとても楽しみにしているのですが無事に連れていけるでしょうか...不安です。

2/15和裁講座のお知らせ

2014年01月24日 21:41

12月に行いました和裁講座「和裁士直伝!マイサイズの極意」は
大変ありがたいことに募集早々に満席となりキャンセル待ちの方もいらっしゃいました。
そこで、「おべべとにゃんこ」の佐川さんから再びご縁を頂きまして
2/15(土)13時~15時「和裁士直伝!マイサイズとお直しの極意」と題しまして
パワーアップバージョンで第二回を行うことになりました。

今回は着物の寸法についての内容に加え、ご質問の多いお直しについて
実際の着物を見ていただきながら注意点や生地を見るポイントなどをお話しいたします。

ネットや着付け本には載っていない内容を中心に、
「目からうろこ」な情報をお伝えしたいと思っております。
ぜひぜひお越しください。

講座についての詳細はこちらをご覧ください。

ハレの日の刺繍半衿

2014年01月23日 23:13

今日の「ごちそうさん」でめ以子が着ていた黒引き振袖、「もっと見せて~」と
テレビの前で言ってしまうほどいつまでも見ていたい素晴らしさでした。
半衿はびっしりと刺繍の入った豪華なもの。アップで見たかったです。

そういえば...と押し入れの中から探し出したのがこちら。140123_1

「いらなかったら捨ててね~」と言われて届いた段ボールの中に入っていたのですが
これもきっとおめでたい日に使われたものでしょうね。
額に入れて飾りたい、貴重なアンティークです。

押し入れの中からの発掘その2.
140123_1

私が幼いころに着た絞りの被布を発見しました。存在すら忘れていましたが、
早速娘サイズに肩上げを直しました。
土曜日の中野フリマは親子絞りコーデで出掛けます。(※今回私は出店いたしません。)
なんと土曜日は4月上旬並みの気温とか。絶好のお出掛け日和ですね。
ぜひ皆様も遊びにいらしてください。
140117_1


縫って、着て、着せて結婚式

2014年01月20日 23:59

先週末、結婚式へ出席しました。
和裁士会のスローガンに「縫って、着て、着せられる和裁士」
というのがありましたが、まさにそんな一日。
でも実は年末から悩みの種だったことの一つです。

それは母の大親友の息子さんの結婚式で、3・5・10歳3人の女の子の着付けを
頼まれてしまったのでした。
10歳の子は私が縫った着物を着てくださるということで、
縫った着物の着付けをさせていただく機会なんて滅多にないので
とても嬉しかったのですが、慣れない子供の着付けなんて大丈夫かしら、
と一抹の不安。
事前にお子さん達に会ってリハーサルもして当日を迎えました。
140120_2

なんとか無事に着付けは完了、そのあと自分も訪問着に着替えました。
140120_1

卒業制作で縫ったこの訪問着、なかなか着る機会がありませんが
苦労した分愛着があります。
更衣室で黒いワンピースを着て着付けをしていたら式場の人と間違われ
何度も「お手洗いどこですか?ドライヤーありませんか?」と聞かれ
違います、と言うのも面倒なのでわかる範囲で笑顔で対応。
それはそれで楽しい思い出となりました。

新郎新婦は和装のみでとても素敵なお式でした。
私も打掛を着てみたかったです。次に機会があれば...(笑)

長靴で初詣

2014年01月18日 21:41

なかなか行けなかった初詣にやっと行ってきました。
娘が着ているのは私が七五三や宮参りで着た着物、
被布は昨年私が縫いました。
140118_1

お宮参りや七五三の着物、着る機会がないからとレンタルで済ませることの多い
時代となってしまいましたが、着る機会は作ればいくらでもあるのに、
とちょっと残念です。
初詣にお誕生日、雛祭り、結婚式etc...
そして母から子へと受け継いでいけばその着用回数は×2にも×3にも!
子供のものなら大人の羽織1枚を着物へと仕立て直すこともできます。
ぜひまたたびやへご相談ください。

実はこの日の前日、憧れの長靴をやっと買ってもらった娘。
初詣も長靴を履くというので、これも2歳の思い出と割り切り近所なので良しとしました。
140118_2

早いもので今年は七五三。某着物雑誌には「半年~1年前から準備を始めましょう」
と書かれていました。
そろそろ本腰を入れなくては!!

1/25(土)きものフリマ開催

2014年01月17日 17:00

今年は着物を着たい、と思っている方、
卒・入学式に着物を着ようと思っている方、
師走に頑張った自分へのご褒美に、楽しい楽しいきものフリマへお出掛けしませんか?

中野の居酒屋さんをお借りして、町田骨董市で大人気のお店くろまめさんを中心に
手作り和小物なども並びます。
暖かい店内でゆっくりじっくり試着できますのでフリマ初心者さんも安心です。
ぜひお越しくださいませ。
140117_1

今年もよろしくお願いいたします

2014年01月01日 00:57

いつの間にか年が明けてしまいました。
だんだんと年の瀬や年明けの「特別感」が薄れているような気がします。
街の中も、自分の中でも。

12月は名古屋にいる家族が2か月間の入院となってしまい
娘を連れて帰省。娘連れでは思うように力になれず何しに行ったんだか、
とちょっと消沈。
しばらくは落ち着かない日々が続きますが、
細々とでもまたたびやの仕事は続けていきますので
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

今年はもう少し着物を着て、たくさん縫って
またたびやを選んでくださるお客様とのご縁を大切にしていきたいと思います。
プライベートでの課題は体力作り。
そろそろ本気で取り組まなくては。

ブログももう少し着物について触れていかなければ、と思っています。
拙い内容ですがご訪問頂いている皆様、ありがとうございます。
皆様にとりまして素晴らしい1年となりますように!


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。