スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子で着物お出かけ

2013年11月24日 23:58

すっかりご無沙汰しているお茶の先生のご自宅へ、娘を連れてごあいさつに伺いました。
正座と扇子を使ったごあいさつの方法を毎日少しずつ教え込み、
自宅ではちゃんとできるようになっていたのに...
ふすまを開けた瞬間固まってしまい一歩も中に進もうとはせず「抱っこ~!」
そうだよね、まだ難しかったよね。
でも出された和菓子は豪快に平らげ、お薄もまさかの「おかわり」で二服も先生に立てていただき
「楽しかった」との一言。
お抹茶は大好きらしく、家でもごくごく美味しそうに飲みます。
着物も今のところ嬉しそうに着ているので、
来年の七五三までこの調子で着てくれるといいのですが。

帰る頃にやっと場になじみ、ご挨拶もできました。
131124_4

娘の着物は半年前に縫ったものですが、着せてみたら足首がにょきっ!
身丈を6㎝伸ばしました。子供の着物の腰上げって寸法を変えられる便利な機能、
ぐらいにしか思っていなかったのですが、
上げを縫いなおす作業って子供の成長をダイレクトに感じる
母親特有の幸せだなぁ、と今回実感しました。
毎日見ていると身長の伸びなんて実感することはないのですが
6㎝も大きくなったんだ~、としみじみ。
131124_2

私の着物は「ザ・お茶のお稽古」なイメージど真ん中の小紋。
汚れも目立たなくて、意外と汚す機会の多いお稽古着としては着ていて安心、
ご挨拶には色無地が無難かなぁ、と思ったのですが
抱っこ・ぐずって中座→外でかけっこ と予想外にハードだった昨日
この小紋で助かりました。
131124_3

12月~1月は着物を着るイベントの予定がどんどん入ってきました。
何を着るか考えるだけで心躍ります。
スポンサーサイト

手編みのぬくもり

2013年11月22日 23:56

晴天が続いていますが、紅葉も深まり朝夕は冷え込む毎日。
今年は小田原の雑貨屋さん「菜の花 暮らしの道具店」で購入したリストウォーマーが大活躍です。
実はこれ、ボリビアの女性による手編み。
商品のタグには編み手のサインが入っていました。
マルティナさん、あなたのお陰で毎日心も体もあったまってますよ~!
131122_1

娘は私が赤ちゃんだった時に使っていた手袋を愛用中。
きれいに保存してくれていた母に感謝です。
なんだかもったいなくて、他のアイテムはしまったままですが
ちゃんと使って、次の代に残していくことに意味があるのでしょうね。
131122_2

131122_3

母は、「そんな古いもの使わせているの?新しいもの買ってあげるから~」
と言っていますが、娘はどうしてもこの黄色い手袋がいいと聞かず。
既製品との違いを何か敏感に察しているのでしょうか?まさか~。

今年こそきちんと基本を覚えたいと思っているかぎ編みですが
何度やっても同じ部分で立ち止まってしまい編み図が理解できません。
独学の限界。習いにいかないとだめですかね。

「和裁士直伝!マイサイズの極意」満席です

2013年11月20日 22:44

12月14日(土)「和裁士直伝!マイサイズの極意」は
定員に達しましたので募集を締め切らせていただきました。
沢山のご参加ありがとうございます。
有意義な時間となりますように、毎日準備を進めております。

きものフリマのお知らせ

2013年11月18日 23:03

聞いただけでわくわくしてしまう「きものフリマ」、
何度行っても楽しいものですね!

12月7日(土)、おべべとにゃんこさんとそのお仲間の皆様がきものフリマを開かれます。
私もお直しの相談役としてお手伝いさせていただきますので、
「気に入ったけど寸法がちょっと...」という場合でも、ぜひご相談下さい。

詳細はこちらをご覧ください。

絞りの羽織を四つ身へ仕立て直し

2013年11月14日 23:50

またたびや名古屋支社、つまり母の友人からご注文いただいた仕立て直し。
お嫁入りのときに誂えた絞りの羽織を、お孫さんの着物へ直してほしいという内容でした。
131114_1

5歳の子が結婚式に着るとのことでしたので、嬉しく思いながら進めていたところ...
出来上がりの直前で「10歳の子でも着られるかしら?」とのご連絡が! ん???

四つ身なら何歳でも着られるというのは誤りで、仕立ての寸法は大きく異なります。
でも今回はやむなきご事情のため、急きょ手直し(身丈に接ぎ)を入れて
なんとか着られる寸法にすることができました。

131114_2

131114_3

40年ほど箪笥に眠っていた羽織がお祝いのお席でまた着ていただけるなんて
嬉しい嬉しい仕立て直しでした。
長襦袢も仕立て、かわいい半衿をお付けして納品します。


絹糸の教え

2013年11月12日 23:42

和裁で使う絹糸は、どんなお着物でも対応できるように一通りの色を揃えています。
ただ、珍しい色の仕立てが入ったときはその都度ぴったりの糸を購入しています。
1巻きで80メートル、単衣1枚分の長さと言われていますが、
1枚縫っても十分余るぐらいの長さです。
袷は表地・八掛け・胴裏と3色の糸で縫うので、すぐに1巻き分の糸がなくなるわけではありません。

最近では街の手芸店がどんどんなくなり、木綿糸ですら購入するのが難しいですね。
糸は余裕をもって大きな手芸店でまとめ買いしていますが、
あまり需要がないのか欠品中の色がよくあり、複数のメーカーのもので対応しています。

131112_1

和裁士の小さな楽しみ、それが金亀の「心のともしび」です。
糸をすべて使うと台紙に書かれているこのお言葉を読むことができます。
糸を使い切るのってすごく達成感があり、私は大好きな瞬間です。
そこで現れるこのありがたいお言葉。
未だに同じものは出てきたことがありません。何種類あるのでしょうか。
ある程度たまると捨ててしまうのですが、なかなか捨てられず今手元にあるのがこちら。
131112_2

今日はこちらに出会いました
「どんなに大きいことでもはじめは小さいことからはじまります」
絹糸の教え、身に沁みます。

「マイサイズの極意」和裁講座のお知らせ

2013年11月12日 01:09

素敵な着こなしと美しい着付けで私の憧れの人、
「おべべとにゃんこ」の佐川さんからお声を掛けて頂きまして
12/14(土)和裁講座「マイサイズの極意」を行うこととなりました。
お客様からご相談いただく内容の中でサイズに関わることはとても多いです。
着物初心者の方だけではなく、何年も着物に親しんでいる方も
「実はサイズがわからない」というお悩みをお持ちの方がいらっしゃり、
サイズの奥深さを日々実感しています。

着物は決してフリーサイズではありません。
同じスリーサイズでも、同じ11号のお洋服をお召しの方も、
着物のマイサイズは十人十色。
和裁士の視点から、色々なお話しをさせて頂きたいと思っています。
皆様にお会いできますことを楽しみにしております!
講座についての詳細はこちらをご覧ください。定員に達しましたため締め切らせていただきました

131112

大きい小さい

2013年11月08日 23:58

遅ればせながら、先週末のきものフリマは無事終了いたしました。
突然の雨にもかかわらず多くのお客様にご来店いただきありがとうございました。
素晴らしい連携プレーで支えてくださるスタッフの方々、いつもありがとうございます。
次回は来年3月8日(土)です。どうぞよろしくお願いいたします。

ここのところ、またたびやでは反物からの仕立てのご注文よりも
寸法を変えるお直しのご注文が多いです。
お嫁入りのお着物、頂き物のお着物、少し寸法を変えるだけでとても着やすい一枚になります。
お天気の良い日に箪笥の整理をして、「好きなのにサイズがちょっとね~」とお悩みのお着物、
ぜひまたたびやにお直しさせてください。


先日思わず笑ってしまった「大きい小さい」話。
初めてうずらの卵を見た娘(2歳半)、「ママ、小さいよ~!卵がこんなに小さいの!」と大騒ぎ。
確かに、いつも見ているにわとりの卵に比べたらあの小ささは衝撃的かも、と新鮮な発見の私。
そして一口食べた後もっと驚いた顔で「ママ、味は一緒!!!!」とさらに大騒ぎ。
大きさがあんなに違うのに味はいつものゆで卵で、ちゃんと黄身もあったことに
びっくりしたようです。
イヤイヤ期で手を焼くことも多い2歳児ですが、
毎日こんな小さなことで大笑いして明日へのパワーを充電しています。

遠足のお弁当リクエストは「から揚げ弁当!」
絵本の中でから揚げ弁当を買って新幹線に乗る男の子にあこがれている模様。
張り切って朝から大量に揚げたのに、小さなお弁当箱にはちょっぴりしか入りませんでした。
131108_1

大きい小さい
131108_2

左:ワンピース
パターン:many drops サイドポッケのボーネックワンピース
布:シルクウール

右:チュニック
母のコーデュロイシャツのリメイク

11/2(土)神楽坂きものフリマ

2013年11月01日 20:30

いよいよ明日です!
3連休の東京は行楽日和になりそうです。
神楽坂ではきものフリマのほかにもイベントが盛りだくさん。
ぜひぜひお出掛けください。
フリマの詳細はこちらをご覧ください

フリマの準備をしながら自分の着る着物を考えるのも楽しいひと時。
今回は十字絣の紬にしました。
帯は...当日の気分で選びます。
131101_2 131101_3

131101_4

この着物、フリマにも出店されるくろまめさんでいただいたものです。
しつけ糸がついたままのきれいな状態。
くろまめさんはプロの方ですがお値段はとても良心的です。
売り子をしていてもくろまめさんのお店が気になる~!!
時間を見つけてほかのお店をのぞくのも楽しみです。
お買い物を自制するためにお財布は置いていくのですが...

今日は湿度が低く着物の虫干しにはもってこいの一日でした。
箪笥の中の着物を広げて風を通すと絹が生き返るような感覚がします。
着物だけではなく、反物も時々広げてみることをお勧めいたします。
お客様からお預かりした反物、カビが生えていたことが何回かあります。
すぐに悉皆屋さんに持ち込み事なきを得ましたが、手遅れになると
せっかくの反物が台無しです。
着物に比べて広げることがありませんし、箪笥の奥にしっかりしまわれていることが多いので
お時間のある時に一度点検なさってみてくださいね。

Happy Halloween!

2013年11月01日 00:23

ハロウィンなるイベントに初めて参加しました。
こんなに定着している行事になっていたなんてびっくりです。
マンションのエントランスに集まった子供たち約30名。
皆さんなかなかの仮装ぶり。ママさんまで仮装している方も!

娘はどこまで理解しているか不明ですが、一応ハロウィンとはなんぞや、と一通り説明し
「何に変身したい?」と聞くと「お姉さん!」という答え。
日を改めて何度聞いても「お姉さん!」一点張り。
きっとかわいいお洋服が着たいのね、と拡大解釈し、ふりふりのワンピースに
もこもこマフラーを巻きお姉さんに変身。
131031_1

各家庭を回りお菓子をもらって、想像以上に楽しいイベントでした。
秋の収穫を祝うという意味もあるそうですが、
先日の芋掘りでこんなに秋の恵みが。
131031_2
ここのところ芋づくしの毎日です。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。