スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪花絞り柄合わせ

2013年07月30日 23:20

早く仕立てないと夏が終わってしまう!
焦りながら、夜中に少しずつ自分の雪花絞りを仕立てています。
今年の夏を越してしまうと、このあと何年も反物のままな気がして...

まだできあがっていませんが、途中経過です。
浴衣の仕立てで時間がかかるのは、なんといっても柄合わせ。
半日かかることも珍しくありません。

特に上下のある大きな花柄なんて、パズルを解いているような感覚です。
プレタの浴衣は柄合わせを無視して縫われているので
「え~!!」という柄の配置がよくありますが、一応昔から言われている柄合わせのルールがあるのです。
そのルールの中でどう配置するかは和裁士の腕の見せ所。
「お任せします」と言われると身の引き締まる思いです。
また、直接お客様と打ち合わせができない場合などは
何パターンかご用意してメールでご確認いただいています。

限られた長さの中で、ここを袖にして次におくみを取って...とやっていると、
夢にまで出てきます(笑)。
一晩寝ると翌日いいアイデアが浮かんだりするので、
煮詰まった時は翌日に持ち越し。その分ぴったり納得のいくものになった時の嬉しさは格別です。


雪花絞りは連続柄なのできっちり合わせるところは合わせたい。
でも、手作業で染められているので、一つ一つのお花の大きさが微妙に違います。
一つのお花を合わせると次のお花はずれてしまったり。
なんとか苦労して裁断が終わりました。

背縫いはずらすか
130730_2

合わせるか
130730_1

→合わせることに決定!

衽もぴったり身頃と合うように...
130730_3

永遠に続くかのように思われた娘の夜泣きも気付いたら収まっていて、
夜中に呼ばれることがなくなり自分の時間が持てるようになりました。
「いつか終わるよ、じゃなくていつ終わるか教えてよ~!!」と泣いていた私。
あぁ辛かった。「ほんとに、もうすぐ終わるよ。」とあの日の自分に教えてあげたいです。
スポンサーサイト

川崎大師風鈴市

2013年07月24日 23:15

都内では手足口病が大流行中。去年の10倍の患者数とのことです。
我が家ではまず娘が発症、私は手足口病ではないのですが2日間頭痛で寝込み、
最後に主人がひどい風邪に。人生初めての喉の痛さとのこと。
週末はゆっくり休んでもらおうと思ったのですが
パパLOVEな娘がいると「あそぼ!だっこ!」でゆっくり寝ることもできないので
娘を外に連れ出すことにしました。

よし、涼しい一日みたいだし川崎大師の風鈴市に行こう!
「赤い電車(京急線)+だるま」で娘の大好きなものもばっちり揃っている。

2歳児を連れて、ほぼ抱っこしながらの行き帰りは大変でしたが
かなりおしゃべりするようになったので、二人だけのデートを楽しむことができました。


全国から集まった風鈴。ついつい故郷のものが気になります。
130724_2
130724_3
130724_4

娘が一番うれしそうだったのはここ!
130724_6

「お着物着てお出掛けする?」「うん!やった~!!」の直後。
しじらに金魚の絽帯を合わせました。綿の着物なら抱っこもOK!
IMG_1644.jpg 130724_1


くず餅やさんでうどんランチ。
離乳食を卒業するとお出かけがだいぶ楽になりますね。
130724_5

帰り道は爆睡してしまった娘。約10キロのお荷物を担ぎ、家路につきました。
こうやって二の腕がたくましくなっていくんだなぁ...

夏祭り

2013年07月19日 23:21

大好きなお祭りに出掛けました。
盆踊りの連がいくつも出て、様々な衣装で踊ります。
沿道の見物客からも手拍子や掛け声が。
娘も楽しそうでした。独特なあのリズム、夏ですね~!

この日に間に合わせる予定だった私の浴衣はまだ反物のまま(泣)。
娘のものだけ間に合いました。
130719_1

130719_3

一度縫ってみたかった浴衣ワンピース。
ボイルワッシャーの水玉は軽くてお値段も花丸(手芸店のワゴンセール!)。
帯はリバーシブルにして娘の気分に合わせられるように。
この手のものを娘に着せるなんて、和裁に携わる者としていかがなものか…
と思いましたが、だって可愛いんだもん!
未就学児なら浴衣代わりにあり、ですね。

私は中野フリマコーデでした。
浴衣なら抱っこも楽々!
130719_4

七五三のお支度

2013年07月14日 22:30

友人の娘さんが二歳で早めの七五三を行うことになり、
着物のお支度を手伝わせてもらいました。

着物は我が家にあるものから好きなものを選んでもらったのですが
私と娘がお宮参りに着たものを気に入ってくれたので、
祝い着から一つ身の着物へお直しすることに。
宮参りの祝い着はこの状態でした。
130712_6

直しに必要な作業は以下の通り。
・袖を大名袖から元禄袖へ直す
・肩上げと腰上げ
・半衿取り付け
・比翼袖を外す

比翼袖はこの赤い袖のことです。
130712_1

私はこの着物に帯を締めて三歳のお祝いをしたのですが、
娘さんは早生まれでまだ二歳、しかも小柄なので被布を着ることに。
娘用に縫った被布があるのですが、着丈が短く着物とのバランスが悪かったので
絞りの羽織で新たに縫いました。
被布って小さい女の子の特権のような気がします。(大人用もありますが...)
七歳のお祝いでは着ませんし、年齢にあった着物の形ってやっぱりありますね!

解いた羽織を苦労しながら柄合わせし、なんとか納得のいく形になりました。
端切れでお花も作ってみました。
130712_5
脇のマチ部分。着てしまえば見えなくなる部分ですが、ベストを尽くして柄合わせ。
130712_3


生まれて初めて着物に袖を通した娘さん。
お着替えを嫌がっていたのに、着物を見せるとニコニコになって喜んでくれました。
見学していたうちの娘も「着たい~!」と言うので急きょ羽織らせると、ずっと着ていました。
着物は苦しくて面倒くさいものじゃないんだよ。きれいで楽しくてうきうきするよね。
2人の二歳児に元気をもらった一日でした。

無事完成!赤い被布のほうが好みですが、七月なので涼しい色にしました。
130712_2

草履も小さくてかわいい!大人物と並べるとミニチュアのようです。
昔は鼻緒が硬くて痛い草履ばかりでしたが最近はやわらかいものもあって少しは履きやすそうです。
いろいろ探しましたが色より履きやすさ重視でこれに決定。
130712_4

我が家は来年の予定ですが、自分の着物も考えなくては!

夏着物のすすめ

2013年07月12日 23:39

毎月購読している茶道の雑誌に木村孝さんが着物について綴られています。
お点前やお道具の記事も満載なのについつい木村さんのページから読んでしまう私。

今月は夏の着物について興味深いことをおっしゃっていました。
「暑いときにきちんと透けるきものを着るというのは一日では出来ません。(中略)
夏の着物は着る人の心がまえが透けて見えるようです。(中略)心の「色模様」が
衣服の文様とは別に、着姿に表れるかのようです。」

まさにおっしゃる通り!着姿に表れる心の「色模様」、自分では気づきにくいのですが
他人のことはしっかり見えたりするものです。

「透けるから嫌だ~」というお声は先日の着物フリマでもたくさん耳にしましたが、
ちょっとした知恵と工夫で解決できるんです。
そこで朗報が。人気ブログ「おべべとにゃんこ」のゆきさん、いつも素敵な着物姿で憧れの的ですが
夏着物を快適に着こなすための着付けレッスンが東急セミナーBE二子玉川校にて始まります。
詳細はこちら→「夏キモノことはじめ」

初心者に嬉しいのが、夏着物を無料で貸していただけるということ。
着付け教室って着物を毎回持参するのが大変なんですよね。
しかも夏着物がレンタルできるレッスンなんて珍しいと思います。
実はこの夏着物のお直しをまたたびやがお手伝いさせていただきました。
今年は浴衣からステップアップして、夏着物に挑戦してみませんか?

着物で七夕

2013年07月08日 12:30

きものフリマ当日、浴衣に着替える私を見て
「わたしもお着物着るの~!着物でお出掛けしゅるの~!!」と
大号泣した娘。なんとか「ママはお仕事なの。明日一緒にお着物着ようね、
パパにお写真撮ってもらおうね」となだめ、後ろ髪引かれながら外出。

ということで、昨日は約束通り着物を着ました。
保育園で作ってきた七夕飾りとハイポーズ。
130708_2

着付けの間もにっこにこ。
着物を着て喜び、テンション↑で「ささのはさ~らさら~」と終始ご機嫌でした。
今週末はお祭りに出掛ける予定なのですが、娘の着るものがない!
昨年縫った甚平さんは今年パジャマとして大活躍中。
夜なべ仕事で、なんとか新作を用意したいと思います。
130708_1

木綿で縫った一つ身、ひな祭り用に縫ったので袷に見えるように袖や裾に
ふきを作ってありますが見頃に裏地はなく、いわゆる「胴抜き仕立て」にしています。
帯はフリマにてくろまめさんからいただいたレースの帯揚げ?を兵児帯風に結びました。
ピンクラブな娘はレース生地にも目がハートで「かわいいね~」を連発。
男の子顔なので未だに「ぼっちゃん?」と聞かれ、ピンクが似合わないのが本当に残念...

きものフリマ無事終了~

2013年07月07日 00:19

昨日のきものフリマ、またまた大勢のお客様にお越しいただき大盛況でした。
大変暑い中お出かけ下さったお客様は素敵な夏着物・浴衣の方が多く
接客の合間にしばしみとれてしまいました。
やっぱり夏も着物!そして着物は楽しい!美しい!
ご来店ありがとうございました。

次回は11月2日(土)に神楽坂で開催予定です。
毎回、出店するのは至難の技なので、参加できるかまだ未定ですが
決まり次第お知らせいたします。

<昨日の着物>
綿コーマの浴衣
これは20年ほど前に生まれて初めて誂えてもらった浴衣です。
祖母や母とデパートに行き反物を色々巻かれたことだけ覚えています。
自分の好みなんて言える状況ではなかったのですが、
今でも十分着られるし娘にも着て欲しい一枚です。
130707_4


<フリマでのお買い物>
半幅帯(なんとワンコイン!)
雪花絞りの浴衣に合わせようと思います。(まだ未仕立て...)
130707_1
プチプライスで買えてしまうのがフリマの嬉しいところです。

綿絽の着物
130707_2 130707_3

竺仙風の染めで好みの柄。正絹の絽に見えますが、触ると綿だとわかります。
多くのお客様が「いいわね~」と手に取られていたのですが、
サイズが小さく最後まで残っていました。私にはジャストサイズ!
これなら半衿をつけて着物風にも着ることができ、お茶のお稽古も問題なさそう。
綿は気軽にお洗濯できて嬉しいです。
(七夕の今日、早速これを着ました!記事は後日...)

7/6(土)はきものフリマin中野です!

2013年07月03日 01:19

夏着物のお直し・仕立てのお問い合わせに「和裁士の仕事って季節先取りだなぁ」と
しみじみ思っていたらあっという間に7月!
ご縁があって仕立てさせていただいたお着物たち、たくさん着ていただきたいので
できるだけ早くお届けできるように奮闘中です。

5月のきものフリマの余韻さめやらぬうちになんと今週末にフリマが迫ってきました。
専用サイトには出品物が続々とアップされていますので、ぜひチェックしてくださいね。
(フリマの詳細はこちらをご覧ください)

アップされていないお品物も多数ありますので(私も準備が間に合わず画像を出せていません...)
ぜひぜひ直接お越しください。

※季節柄、今回は「浴衣祭り」となっていますが浴衣以外にもたくさんのお着物がありますよ~。


6月30日は「名越の祓い」でした。今年は蒸し器を使ったレシピで水無月を作ってみました。
電子レンジでもできますがやはり蒸したほうがおいしかったです。
これを食べると「今年も半分終わってしまった~」と何ともいえない寂しさを感じます。
130703
あまりおいしそうに見えない画像ですが...
甘納豆をゆであずきで代用したのがよくなかったみたいです。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。