スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜の花と桜

2013年03月27日 22:00

突然訪れた東京の春。お花見は4月上旬を予定していたのに
いきなりの満開宣言。先週末、慌てて浜離宮へ行ってきました。

花より団子、ということでまずは腹ごしらえ。
築地でうに定食と三色丼を食べました。
娘、いくらが大好物で一粒ずつ指でつまんでおとなしく食べるので
その間は大人もゆっくりご飯を楽しむことができます(笑)。
130327_1

三色丼は1500円、うに定食は驚異の1000円!です。
海鮮の美味しいお店はたくさんありますが、ここで食べるともう他のお店には行けなくなります。

築地では具だくさんのおにぎりや鳥肉屋さんの焼き鳥、から揚げなど
お昼ご飯を調達しました。

築地と浜離宮は十分徒歩で行ける距離なので、お花見にはとても便利です。
桜の名所としてはあまり有名ではありませんが、その分お客さんも少なくて穴場です。
今年は菜の花の開花が遅れ、桜は記録的な速さで満開になったので両方を一緒に楽しむことができました。

130327_3

130327_2

浜離宮の住人?まっくろ猫ちゃんに遭遇。にゃんこ大好きな娘はその場から動かなくなってしまいました。

鮮魚で有名な築地ですが、場外の八百屋さんでは新鮮なお野菜が安く買えます。
スーパーに比べたら鮮度と味は段違い。
空豆とグリーンピース、新じゃがを買いました。
130327_5

和菓子屋さんにはこんなかわいい「魚々どら(ととどら)」も。
保冷剤なしで持ち帰ることのできるおすすめの築地土産です。
130327_4
スポンサーサイト

ぐしびを楽しむワンピース

2013年03月18日 22:49

なかなか更新できていないこのブログですが、ほぼ毎日
「取らないしつけ糸」という検索ワードでご訪問くださる方々がいらっしゃり、
取るのか取らないのか迷っている方が多いのだと実感しています。

着用する時に取るしつけ糸は、迷うような細かい針目ではなく
明らかに「取ってください!」と主張している大きな針目ですよ~。
といっても、迷うぐらいなので中途半端な針目なのでしょうね。


取らないしつけは、ぐしびつけ、ぐしび、などと呼ばれています。
私はこの縫い目を眺めるのが大好きです。

細い絹のしつけ糸で職人技の結晶のようにきっちり揃った針目の行列。
和裁学校では生徒は全力を注いで細かすぎる針目にしてしまいがちなのですが、
「細かければいいというものではない。適正な間隔というものがあります」
と教わりました。それでも、お直しでお預かりした着物に「ミシンで縫った?」
と思うほど細かく整ったぐしびが施されているとついついみとれてしまいます。

いつかこのぐしびを帯か洋服のアクセントに使いたいと思っていたのですが
家族旅行で出かける機会があり、その日のために縫ったワンピースにつけてみました。
130318_2

...といっても、「ぐしび」というより「刺し子」みたいになってしまいました。
糸は25番刺繍糸で立体感が出るように本数をいろいろと変えて縫いました。
着物は曲線を縫うことがないので、これをぐしびと呼ぶのはちょっと変なのですが。
130318_3

130318_1


娘にもお出掛け用の洋服を縫いました。
バックポイントカットソー、大人用のパターンも買ってあるのですが娘のだけ3枚縫いました。
布の組み合わせを考えるのが楽しいパターンです。
130318_4

クリスマスに作ったままごとキッチンで毎日遊んでいます。
「ママ、スープ、どーじょ。あちーよ~」言葉も単語がつながるようになってきました。
130318_5

感謝!神楽坂きものフリマ

2013年03月11日 06:36

お天気に恵まれ、今回も大勢のお客様にご来場頂きました。
特に初めの二時間はお客様の熱気で会場全体が酸欠状態!?になるほど。
両手いっぱいにお品物を抱えたお客様を見て、こちらもうれしい気分になりました。
こんなに着物を着る方がいらっしゃるんだ、と夢と希望もたくさんいただき感無量です。

お越しいただきました皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。


次回は5月18日に中野で開催予定です。(詳しくはこちらをご覧ください
出店者も品揃えも変わりますので、ぜひ遊びに来てください。

3/9(土)神楽坂きものフリマです

2013年03月07日 12:32

今週はどんどん気温が上がり、すっかり春らしい日差しで
着物でのお出掛けが楽しくなる季節になってきましたね。

今週末の土曜日はぜひぜひ神楽坂の着物フリマへお出掛けください!!

出店者は着物好きな個人から骨董市にお店を出されているようなプロの方まで
幅広く、ここでお買い物したらもう他では買えない、と皆様おっしゃるぐらい
お値段が良心的で品数豊富です。
卒業式・入学式に着られるような色無地・袋帯もありますよ。
春はお茶会シーズンでもありますが、ぜひ新しいお着物を見つけにいらしてください。

フリマの詳細はこちらをご覧ください。

以前アップしたタイプ別フリマ活用術はこちら。ぜひ参考になさって下さい。

着物でおでかけひな祭り

2013年03月04日 21:30

娘2回目のひな祭り。初節句ではないのでそんなに大きなイベントではないものの、
義両親や親戚をお招きして美味しいものを食べに行こう、ということで
ホテルの中華を予約しました。
130304_3
↑寝起きで不機嫌だったのに、プレゼントをもらった瞬間笑顔になる娘

子連れだとお店選びに難航しますが個室なら安心。
気配りの行き届いたホテルのサービスはとても心地よく、ゆっくり食事を楽しむことができました。

ひな祭りは自宅で着物が着られるように娘の分をもう一枚縫う予定だったのですが、
主人がぽつりと「着物着て行けば?」とつぶやいたのを聞き逃さず、
私と娘は着物で出掛けることに決定!

でも、エプロンしても食べこぼすだろうし、道でしゃがみこんだり転んだりするたびに
「着物が汚れる~!」とハラハラしたくないので木綿の着物にすることに。
被布は昨年のひな祭り用に縫った正絹です。

CHECK&STRIPEさんのギンガムチェックを使い、
袖口と裾だけ赤い新モスでふきを作り、胴抜き仕立てにしました。
130304_1
私は汚れても悲しさが最小限で済む普段着小紋で。
ひな祭りを意識してピンクのお召し、羽織を仕立て直した花柄の名古屋帯に
てんとう虫の帯あげを合わせました。

お宮参りや七五三の祝い着はなかなか普段のお出掛けには着れませんが
木綿ならかわいい生地がたくさんあるし、汚れを気にせずいつでも着せることができるので
もっと広まればいいのになぁ、と思います。
もうすぐ2歳、いやいやが増して毎日の着替えも一苦労ですが、
着物は「ママと一緒~!!」と喜んで着ました。七五三までどうぞこのままで...
130304_4
↑お店からのサービスで、娘にデザートプレートを頂きました。
「おいしぃ~」を連発しながらもりもり食べました。

自宅でのご飯はちらしずしとはまぐり汁。
お雛様の顔が怖かったみたいで、チーズで作った顔はすぐに裏返しにされていました。
130304_2




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。