スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイクファーとリアルファー

2013年01月28日 22:53

◆フェイクファー
ここ数年、気が付けばコートを買っていませんでした。
OLの頃はボーナスで新しいコートを買うのが楽しみだったのですが、
退職後は大物買いの物欲がすっかりなくなってしまいました。

ということで今年は、思い切って手作りしてみました。
はやりのショールカラーをフェイクファーで。
もともとは一枚仕立てのパターンでしたが真冬に着られるように
後ろ見頃だけフリースの裏地をつけました。
130128_2


作り始めて激しく後悔。あぁ、こんな難しい布、私にはまだ早かったみたい...
クリスマスに間に合うようにと急いでしまったことも原因で
なんとも満足度の低い出来上がりになってしまいました。
でもとっても暖かいので、たくさん着てみて、次回作への課題を探っておこうと思います。

手芸屋さんにおいてあるファー生地は安っぽくてコートにするようなものにはなかなか出会えませんが
ダメもとで買ってみたネットショップのこの生地は
手触りが良くリアルファーのようなヌメリ感もしっかりあり大当たりでした。

10年ぐらい前に買って大事にしていたにゃんこボタンもこのコートでやっと出番が。
陶芸作家さんが作られたボタンで、陶器なんです。あと4つあるのですが、何に使いましょうか。
130128_1


◆リアルファー
お世話になった方からいただいた「アストラカン」というファー生地。
巻き毛でとても珍しいものだそうで、「ロシアのお土産にもらったのだけど
はぎれだからどうすることもできなくて...あなたなら何かに利用できるでしょ。」
ということで、縁あって私のもとへ。
長方形のはぎれで、そのままでは使えないものでした。

せっかく頂いたので、すぐにショールを仕立てました。もう2年前、出産直前の頃です。
着物にも合わせられるように、裏地には帯揚げや着物のはぎれを使ってちょっと和のテイストに。
アストラカンは毛が密集していて、短毛なのですが軽くてとても暖かいです。
130128_3
スポンサーサイト

巳年の初釜

2013年01月14日 14:39

お茶のお稽古は産後長らくお休みしていますが、初釜のお誘いを頂き参加してきました。

一年振りの初釜、お稽古にもでていないのにあまり華やかな訪問着では自分が落ち着かない、
でも色無地だとちょっと地味かな、ということで絞りの訪問着にしました。
130114


先日の初詣と同じ着物で着崩れしにくいのもポイント。
絞りの着物は長時間正座をする茶道には向かないという意見もありますが、
ホテルでのお懐石→先生のご自宅で大福茶というスケジュール、
ホテルでは椅子席だったので全く問題なしでした。

他の社中の方も総絞りのお着物の方があとお二人。この季節にはやはり袖を通したくなる着物ですね。
帯は宝尽くし、帯締めは自作のものです。

先生が立ててくださったお濃茶はお茶室全体にお抹茶のいい香りが漂って
心休まる貴重な時間でした。
忙しい日々の中でもお茶を楽しむぐらいのゆとりを持ちたいものですが、
定期的にお稽古に通うにはまだまだ時間がかかりそうです。
しばらく自宅での自主練習に励みましょう。

初釜の日は快晴でかなり気温も上がったのですが成人の日は朝から大雪!
慣れない振袖に草履の新成人の方々。転んでしまった人もいるのでは、と他人事ながら心配です。
着物について、嫌な思い出につながってしまうと残念です。
素敵な振袖を着て、普段着の着物にも興味を持って下さる新成人がいらっしゃることを祈ります。

新春の衝動買い

2013年01月12日 01:18

会社員を卒業(退学?)してから、すっかり物欲が消え(着物は別ですが.笑)
せっせと断捨離に励んでいますが、時々お店で「運命の出会い」があります。

今年最初の衝動買いは「陶器」でした。

その1.
某デパートで行われていた若手陶芸家のグループ展。
ハンサムな二枚目茶入れに一目惚れ。
130112_2

頭を冷やすために、いったん売り場を離れて屋上で娘と遊んでみたりしましたが、
これを逃すと夢に出てきそうな気がして購入決断。
仕覆がないのでこれに合うような古裂をゆっくり探そうと思います。


その2.
久しぶりに出かけたミッドタウンで主人が見つけたマグカップ。
130112_1

夫婦揃って焼き物好き、で子供ができる前は全国の窯元を訪ねる旅をしたりしてました。
「今日はなんだか財布の紐がゆるい」と言っていた主人が「これがいい!」と見つけ
「記念に一つ買ったら?」と言ったら「色違いで2色買うことに意味がある」
と言うのでお揃い買い。
売り場に並んでいた時以上に、うちで眺めていると存在感があって
いいお買い物をしたな、と大満足です。

絞りづくしで初詣

2013年01月07日 23:15

底冷えの日々が続いていましたが、昨日は穏やかに晴れて
お出掛け日和だった東京。
念願の「親子着物」で今年二度目の初詣に行きました。

娘の着物は去年の初節句に着たもの。絞りの羽織を仕立て直しました。
私の着物は総絞りの訪問着。とても着付けがしやすくて暖かく、初詣にはぴったりでした。
実は長襦袢も絞りです。
130106_1

130106_2

初節句の時は着物を着ることをかなり嫌がった娘。ところが今年はにっこにこで
楽しそうに袖を遠し、懸案の着付けはすぐに完了。

一つ身の着物はあらかじめ着物に縫いつけた紐を結ぶだけで、
あとは被布を着ればいいので、機嫌さえよければ洋服より簡単に着付けができるんです。
今では特別な衣装となってしまいましたが、もともとはよく考えられた日常着の形なのだと実感。

満足げな娘、出かける前からかなりご機嫌。こんなに嬉しいことはありませんでした。

でも、やはり1歳児は予期せずハプニングが。
娘の「抱っこ!」攻撃は主人に代打をお願いしようと思っていたのに、
最近気分によって抱っこ担当者を指名してくる娘。
ママ抱っことパパ抱っこ、自分の指名した人でなければ首を振り、激しく拒否。

訪問着+袋帯で9キロを抱っこ。しばらくすると「あんよ!」というのでまた下ろして、
ちょっと歩いてすぐに「抱っこ~」でしゃがんで持ち上げ...
最初は娘の靴が着物につかないかとひやひやしていましたがそんなこと気にしているわけにはいかず
まぁこれも含めて思い出よね、と腹をくくりました。
でも、着崩れは全然なく、絞りの着物にして良かったです。

体の小さな娘ですがこの着物はもうぎりぎりの大きさ。もう腰上げの余分もなくなってしまったので
3月のひな祭り、4月の誕生日用にもう一枚仕立てることにします。
きっと間に合う、はず!ファイトだ、ママ!

1月13日(日)は居酒屋きものフリマへ

2013年01月06日 23:39

私は出店しないのですが、13日に中野で「きものフリマ」が行われます。
今年もきものを楽しみたい方、今年こそチャレンジしたい方、
どんな方でもきっと満足できるきものフリマになりそうです。

呉服屋さんの初売りで、「ゼロがひとつふたつ多いなぁ」とため息をつかれた方、
こんなきものの楽しみ方もあるんです!
3連休の真ん中、ぜひお出掛けくださいませ。

※詳細はこちらをご覧ください

年が明けて...

2013年01月04日 23:20

大晦日に14人のお客様を招いて大忘年会、元旦から今日まで
主人の実家でお正月を過ごしてきました。

自分の実家に帰省していた1週間はのんびり生活だったのですが
14人分のおもてなし、大掃除、あっという間に年は明け...

今年はもう少しブログを更新し、着物にも袖を通したいと思います。


今年の目標「丁寧を武器にする」
せっかちな性格ゆえばたばたと慌ててしまう毎日ですが、
和裁も洋裁もお料理も、そして生活全体において
丁寧に暮らすことを心がけ、それが自分の武器になるように。
それは無駄に時間を費やしたり余計な手間をかけることではなく、
結果につながる丁寧さを大切にしていきたいです。


娘は毎日新しい言葉を覚え、聞いた言葉はとりあえずオウム返しで
口にするのでセール真っ盛りのデパートでは
「いらっしゃいませ~」を連発しています。

近いうちに親子で着物を着て神社へ行きたいのですが
お着替え大嫌いのあの子がおとなしく着物を着ることができるのか...
成功したらブログアップします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。