スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炉開きの着物

2012年11月19日 22:49

なかなか更新できていませんが、ご訪問ありがとうございます。

1歳7か月になった娘はようやく夜泣きがおさまりかけ、「朝までぐっすり眠れる日も近い...」
となんとか耐えてきたのに、最近は以前にも増して激しい泣き声で何度も起こされ
すっきりしない朝を迎えています。

熟睡できていないのは私も娘も同じはずなのに、
どうして彼女は朝からあんなにハイテンションなのだ...???
(主人は「若さの違いじゃないの?」と申しておりますが。)

これもきっといい思い出になる日が来るはず...
と自分に言い聞かせ、着物のことを考えて現実逃避してみます。


先月あたりから、このブログに「炉開き+着物」という検索ワードでご訪問くださる方が増えました。
11月は「茶人のお正月」、正式な茶事でなくても、普段のお稽古では洋服で通われている方も、
炉開きの日は着物をお召しになると気持ちも改まり先生や社中の方々も喜ばれるのではないでしょうか。

無期限休会中の私がえらそうに言える立場ではありませんが、
今年は炉開きに参加できないので「シーン別勝手にコーディネート」で着物熱を発散させてみました。

◆炉開きの茶事

秋限定の柄が描かれた訪問着、まだ友人の結婚式にしか着用したことがありません。
黒っぽく見えますが深い紫色です。

121119_2


◆ちょっと改まった炉開きのお稽古

お稽古の内容が重たいものだったら、小紋よりも紋付の色無地や派手ではない付け下げなどが
しっくりくるような場合もありますね。ただ、お稽古は場所や茶歴によっても雰囲気が全く違うので
あくまでも私が「今年着るなら」の想定ですが...

一つ紋の色無地
121119_1


控え目な秋色付け下げ
121119_


◆全員が着物で来ているわけではないお稽古場、自分も着たり着なかったりの場合

この場合はいきなりお茶会に着ていくような訪問着や袋帯だとかえって浮いてしまうかも。
季節感が出ているような小紋に名古屋帯、色無地などいかがでしょうか。

121119_3 121119_4

炉開きといえば亥の子餅!今年は自分で作ってみようと思います。
スポンサーサイト

神楽坂きものフリマ無事終了

2012年11月04日 23:43

昨日無事終了しました。多くの方にご来場頂き、大盛況でした。
お越しいただきました皆様、ありがとうございました。

あまりの盛況ぶりに他のお店をのぞく時間もなく、気付いたら撤収時刻。
何もお買い物せず、自分の商品もほとんど売れてしまい身軽に帰宅しました。
箪笥にしまいっぱなしだった子達の新しい嫁ぎ先が決まり、嬉しい限りです。
たくさんの出会いに感謝!

写真を撮り忘れ、商品が少なくなってからの様子。
121104_1

ここに写っているものもほとんど売れてしまいました。
午前中は着物と帯の山になっていて、下のほうのものを取ろうとすると山崩れが起きていました。

◆昨日の着物
私は数日前から首が痛く、ムチ打ち状態。フリマには「体に優しい着物&着付け」で臨みました。
出掛ける直前までだっこだっこで美しい着姿とは程遠いです。
121104_2

着物は「フリマ着物」になっているお召し。汚れが気にならないし、丈夫なので段ボールを運んだり
しゃがんだりと意外とアクティブなフリマでは大活躍の便利着物です。
ただ、だいぶ汚れてきたし、裾もほつれてしまったのでそこだけ直すか洗い張りするか検討中です。

帯は自作のファブリック帯。半幅帯感覚で楽しめます。帯枕がないのはこんなに楽なのだと実感。
着付けの時間も短縮できるし、久しぶりに着物を着たときの「なんだか背中が痛い」というトラブルも
ありません。何枚か作ってみたいのですが布選びが難しく、なかなか着手できていません。

着付けは「ノー補整」で。どうせ動き回って着崩れてくるのだし、記念写真を撮るわけでもないし、
楽なのが一番!腰ひも2本+伊達締め1本、バストもおしりも補整なし!タオル不要!
で臨みました。肌寒い一日でしたが会場はお客様の熱気でムンムン。
ぎっちり補整していたら苦しかったかもしれません。

きものフリマ、次回は場所を変えて年明け1月中旬に中野で行われるようです。
今回の出店者さんたちはあまりの売れ行きに在庫が減り、また新しい商品になります。
同じものがほとんどないというのが着物の楽しみでもありますね。

詳細が決まりましたらブログにて告知いたします。
どうぞご期待ください。

十三夜とハロウィン

2012年11月01日 22:47

先週土曜日の十三夜と昨日のハロウィン、ささやかですが自宅で楽しみました。

十三夜は栗名月、主人が築地で立派な栗を買ってきたので頑張って栗ごはんと渋皮煮を作りました。
2Lの栗はスーパーでも見かけますが、3Lサイズという巨大な栗!
皮をむくのが面倒でここ数年躊躇していましたが、「ゆででからむく」「圧力鍋で加熱してからむく」
という2通りの方法で試したところどちらも簡単にむくことができました。
121101_2

ハロウィンは一度やってみたかったかぼちゃのランタン作りに挑戦。
夏休みに買っておいたオレンジ色のかぼちゃを家族3人に見立て、彫刻刀と包丁で細工。
主人はメガネをかけているので針金で作ってみました。
121101_3 121101_4

昨夜は中にろうそくを灯して...娘はやはりメガネが気になる様子
121101_5 121101_1


ここ数日、フリマの準備をするために箪笥の整理をしています。
虫干しを兼ねて、「十三夜とハロウィンを着物で楽しむとしたら...」というテーマで
コーディネートしてみました(これらはフリマの出品物ではありません)。

【十三夜】縞の小紋にうさぎさんの帯 前帯に月とうさぎを刺繍しました
121101_6 121101_7

【ハロウィン】唯一持っているオレンジ色の小紋です
121101_8


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。