スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道明の帯締

2010年09月30日 12:51

もう2ヶ月以上も前になりますが、道明で帯締を購入しました。
商品を見る前は、定番の無地の冠組にしようと色も決めていたのですが、
実際にたくさんの帯締を目の前にするとその気持ちはどこかへ...

結局、奈良組にしました。「胡蝶」というかわいい名前がついています。
奈良組は組紐教室で一番最初に習う易しい組み方ですが、
ぼかし染めの糸の上に帯締にするには中に芯を入れながら組まなければならず
初心者の私にはまだ出来ない技です。

100930_1 100930_2

これは、自分では絶対に選ばない色ですが、
「若い方にはこういうものを使って欲しいわ」というお店の方や、
これを持っているという方の「普段着から訪問着までなんでも合わせられるのよ~」
という魔法の言葉についつい乗せられてしまいました。

帯締はいつも無地で無難なものばかり合わせてしまうので、
たまには着物道の先輩方のご意見も素直に聞かなくちゃ。
でも、お買い物のときの第三者の意見は大切ですね。
今回は箪笥のこやしを防ぐことが出来ました。


箱にきれいに収まった帯締がとても美しい姿なので、
つわりのひどい時期は何度もふたを開けて
着物を着られる日が来ることを楽しみに眺めていました。
そろそろ着物も着られそうなので、今日は帯合わせで遊んでみました。
なるほど、思った以上に守備範囲が広そうです。意外でした。

100930_3

100930_4

100930_5

100930_6
スポンサーサイト

十三参りの着物

2010年09月24日 12:43

月に一度、着物好きな方々が集まる素敵なお店があります。
リサイクルの着物をとても良心的なお値段で譲ってくださるくろまめさん。
店舗ではないのですが、お客さん同士でお茶をしながら着物話に花が咲きます。

先日、お散歩がてらお邪魔しました。
小紋と羽織、大満足の出会いです。

100924_1

100924_2

この小紋、値札には「十三参り」とあったのですが、
色も柄も探していたものだったので羽織ってみると、あれ、ぴったりじゃない?
裄が少し短いのと、衿がバチ衿ならぬ棒衿なので広衿に直そうと思っています。
今年の目標だった「脱地味好み」、和のお稽古にぴったりなはんなり系の小紋です。

十三参りの着物、知識が曖昧だったので調べてみました。
簡単にまとめると、仕立ては大人と同じ「本裁ち」で、肩揚げをするのが特徴です。
子供の四つ身の着物を卒業して初めて本裁ちの着物を着るのが十三参り。
だから肩揚げを解けば大人でも着ることができるんですね。

私の田舎には十三参りの習慣がなかったのですが、
肩揚げをした可愛らしい着物の女の子が揃う姿はきっと微笑ましいでしょうね。
この小紋、躾がついたままでした。元の持ち主さんは一度も着なかったのかな。
お値段は内緒にしておきたいけれど...なんと1000円でした!
くろまめさん、良心的すぎますよ~!

羽織はこちら。
絞りにはついつい手がのびる~。
名古屋帯に仕立てる予定です。
100924_3

~おまけ~
中秋の名月、雲に隠れて一瞬しかお月様が見えませんでしたが
かわいい和菓子で楽しみました。
里芋をお供えする、ということで芋名月ともいうようですが、
あまりにそっくりで...小さなこぶに職人さんのセンスが出ています。

100924_4

100924_5



こうのとりが来てくれました

2010年09月20日 17:28

長い間、更新を御無沙汰してしまいました。
仕立て上がりのお着物をお待ちのお客様や御注文をご検討中のお客様には
不信感や不安な思いを与えてしまっているのではないかと心苦しく思っておりました。
御心配いただきました方々、本当にありがとうございました。

実は、やっとやっとこうのとりが来てくれて、
記録的な猛暑の始まりと共に、つわりに苦しむ夏を過ごしていました。
現在3ヶ月の後半で、つらいピークは過ぎたのですが食べられない日々が続いたので
すっかり体力が落ちてしまいました。
秋の訪れと共に、もうすぐひきこもり生活を終えようとしています。
つわりの終了までにはあと1ヶ月ぐらいかかるようで、
安定期に入るにはまだ時間がありますが、仕事に支障が出てきたため本日御報告させていただきます。

予定日は4月中旬で、体調の許す限り和裁の仕事を行いたいと思っているのですが
すでにたくさんの御注文をいただいており、このペースだと出産までに納品できなくなりそうです。
このため、大変勝手ながら御注文の受付は9月末日をもって休止とさせていただきます。
なお、ご依頼の内容によっては9月中であってもお断りさせていただく場合がございます。
急なお知らせで申し訳ございませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。


実はこのベビー服、3年前に私が縫ったものです。
100923_1

結婚式に自分で縫ったウエディングドレスを着たのですが、当日1回着ただけで
ずっと押入れにしまったままになっていて、あるコンテストに出品するために
3年前、ドレスをベビー服とベビーシューズにリメイクしました。
これを使う日はもう来ないかもしれない、なんて思うこともありましたが
なんとか無事に産まれてきて欲しいです。

↓こんなドレスでした
100920_4


※パソコンに向かえない日があり、頂いたメッセージへのお礼がなかなか出せないため
コメント欄は削除させていただきます。
すっかり涼しくなったので、徐々に着物生活を再開する予定です。
着物ブログはのんびり続けていきますので今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

赤ちゃんを望む方々のもとに、こうのとりさんが来てくれることを心より願っています。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。