スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

40年振りの復活

2009年01月24日 21:33

今日は今年一番の冷え込みになるという天気予報を耳にし
絞りの小紋でお稽古へ出掛けました。
実はこのきもの、40年間箪笥にしまいっぱなしだったというものを
譲っていただいたのですが、保管がしっかりしていたのか胴裏は真っ白、
ほとんど着用していなかったようで40年間の眠りを感じさせない新しさです。

小雪の舞う寒い一日でしたが、インナーにはユ〇クロのヒートテックと
スパッツを着込んだおかげでぽっかぽか。
空気を含んだ総絞りはとっても軽くて暖かく、綿入れの半纏を着たみたいでした。

絞りが大好きなのですが、この模様のひとつひとつを職人さんが絞って染められたのかと思うと
大切に着なくてはと背筋がのびる思いです。

0900124

スポンサーサイト

今年こそは!梅の名古屋帯

2009年01月17日 21:52

今日も着物でお茶のお稽古へ。
去年、箪笥にしまいっぱなしのまま梅の季節が終わってしまい
着用の機会がなかった梅の名古屋帯。
意匠化された梅なら気にならなくても、ここまで「うめ~」だと
着用時期を考えてしまいます。

今日はタイミングよく、お稽古のために先生が用意してくださった
・お香「梅の香」
・お菓子「夜の梅(とらや)」
・お花「椿と梅」
で、帯とお揃いになりました。やった!

先日縫いあがった梅模様の結城紬を着ようかと思ったのですが
仕付け糸を取るのがなんとなくもったいなくてまだそのままです。

今日は私の他に着物の方がお二人いらしたのですが
お二人とも結城紬でした。
冬の結城、夏の大島でしょうか。ふんわりあたたかな結城紬、見ているほうも
あったかい感じになりました。
よく、袷の着物は「3シーズン着られますよ」といいますが、たくさん持っていると
その中でも季節によって着分けていくのですね~。
あまり考えずに好みで梅の帯などを買ってしまう私は、
買ってから着る時期の短さに「およよ~。」となるのです...
今日もついつい猫柳の帯に手が伸びそうになり、ぐっとこらえたばかりです。

090117_1 090117_2


訪問着でお初釜

2009年01月11日 20:35

今日は今年初めのお茶のお稽古、お初釜(はつがま)でした。
先生によってお初釜にはいろんな形があるようですが
私のところは

ホテルでお会席料理をいただき→先生のご自宅で初稽古

というコースが定番です。
お稽古の時は洋服の方もいらっしゃいますが初釜は訪問着が定番。
20名の訪問着姿、それはそれは華やかでした。

毎年同じメンバーなので続けて同じ着物を着れないのが悩みの種。
今年はクリスマスプレゼントととして自分に買った(!)この訪問着で。
桜が咲くまでにあと1回ぐらい着たいなぁ。

090111_1 090111_2

初めての袷完成

2009年01月09日 18:41

学校で縫っていた初めての袷長着が完成しました。

しばらくは紬を縫うということで、1枚目は梅?バラ?の模様が
江戸小紋のように入った結城紬です。
紬って先染め(糸を染めてから布に織る)がほとんどなのですが、
これは白生地に後から模様を染めてあります。
ヤフオクで見つけた反物ですが、結城紬なのは証紙が貼ってあったので
間違いないようです。もっとお高いものばかりかと思っていましたが、
結城紬の値段はピンきりだそうです....
これからは怒涛の「袷」漬けの日々となります。
たくさん買い込んだ反物を早く形にしなければ。
反省点の多い1枚目となったのでまだまだ修行が必要です。とほほ。

↓しわしわなのは風呂敷に包んで持ち帰った直後の撮影だったからなのです...
090109_1 090109_2

浅草寺へ初詣

2009年01月06日 20:34

まだ冬休み中の私。
今日はぽっかり予定が空き、天気予報もぴーかんだったので
浅草へお出掛けしました。
090106_7
まず浅草寺にお参りしてから着物やさんを6~7軒ひやかし。
今年初めての着物のお買い物はたんすやさんでみつけたポリの着物。
実はポリを1枚も持っていなくて雨の日にいつもひやひやしていたので、
今年はもう大丈夫!柄と色が好みのど真ん中でした。
090106_8


090106_4浅草へ出掛けた時は必ずといっていいほど寄る
「ペリカン」というパンやさん。
食パンとバターロールぐらいしか種類はありませんが、
すぐに売切れてしまう大人気のパン屋さんです。
今日もお目当てはバターロールでしたがお昼の12時の時点で売り切れ。この食パンをいただきました。
もっちもちで小麦のいい香りがする絶品ですよ~。


090106_3ランチは合羽橋まで足を延ばして「合羽橋珈琲」へ。
モダンな内装でおいしい珈琲がいただけるお店です。
囲炉裏のテーブルで鮭といくらのせいろ蒸しをいただきました。090106_3


今日の着物はピンクのお召しでした。
この帯は町田の骨董市で買ったのですが、
着付けの途中で「ばりばり!!」という音がして
胴の部分が裂けてしまいました。
状態はとても良かったのですが、かなり昔のものだったようです。
解き洗いをして素材用に変身かな。
090106_1




さっそく着始め

2009年01月02日 10:11

元旦、着物を着て主人の実家へご挨拶へ出掛けました。
実家と2軒のおばあちゃんのお家をまわる新年恒例のご挨拶コースでは
一日中ご馳走を食べっぱなしなので着付けは補正なし。
着崩れは困るけれどおなか周りはゆるめが鉄則です。
たくさんの着物をくれた主人のおばあちゃんに会うので
もらった着物と帯でコーディネート。
主人には女の子の兄弟がいないのでどの着物も数十年しまっていたものばかり。
「これ、なつかしいわ~」と喜んでもらえました。
こんな時に着物の良さを実感します。大切に着なくちゃ。

090101_5 090101_6

あけましておめでとうございます

2009年01月02日 01:21

2008年は会社を退職し、念願の和裁の勉強を開始。
ただ「好き」だけだった着物をいろいろな角度から知ることが出来ました。
着物を通じてたくさんの方とも出会えて、新しい世界もぐんと広がった1年でした。

会社員時代は深夜までハードに働く毎日だったので、
思いがけず手にした日常のゆとりはそのまま心のゆとりとなって
「和」の生活を楽しむ手助けをしてくれています。

多くの方の支えがあって新しいことに挑戦できたことを感謝しています。
まだまだお世話になることばかりですが、皆様どうぞ今年も宜しくお願いいたします。

090101_1 090101_2

090101_4 090101_3



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。