スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天神さんにて

2014年04月16日 05:30

3月の京都旅行で楽しみにしていた天神さん。
日の出前に起床して宿のレンタル自転車で出掛けました。

上ってくる朝日を眺めながらサイクリング~るんるん、
のはずが...日頃電動自転車を愛用しているので
普通の自転車で延々と続く上り坂を走るのはかなりきつかったです。

朝6時半ごろ北野天満宮に到着、すでに開いているお店は半分ぐらい。
娘が起きるまでに帰りたかったので1時間ちょっとの限られた時間を
最大限に楽しみました。
あのお店の数なら一日中楽しめます!

骨董市の着物というと、古くて汚れていて、なんて思うかもしれませんが...
お値段も状態もピンキリ、こんなものだれが買うの?というものもあって
それはそれで面白いです。

すべての着物がたとう紙に包まれていて気軽には見せてもらえないような
お店、サイズや数ミリの汚れまで細かく記載してあるお店、
10畳ぐらいの広さのブルーシートに着物が山のように積み上げられていて
おとなの宝探し状態のお店などなど。
必要なのは体力・気力・出逢いの運!


↓ご縁のあった宝物(の、一部)。

北欧柄が気に入った小紋。洋服に仕立て直すとかわいいなぁ、と思ったものの
着物としてもまだまだ十分着られそうです。右は一つ身。ちょうど娘サイズだったので。
どちらも未着用?と思うほどきれいでした。
140410_1

アンティークの小紋とむじな菊の地紋の長襦袢。
アンティークはあまり着ないのですが、この色や柄にひとめぼれ。見ているだけで幸せです。
長襦袢は未着用。生地と仕立て代を考えたら新幹線代と宿代が相殺できちゃいます。
140410_2

帰り道は下り坂。心も軽くペダルも軽く。
スポンサーサイト

下駄と靴下

2013年12月11日 23:54

土曜日、おべべとにゃんこさんの着物フリマへお邪魔しました。
会場には素敵なお品物とお着物好きな方々が集まり
それはそれは楽しい夢のような空間でした。
ぜひぜひまた開催していただきたいです!

娘へこんなにかわいいお品を頂戴いたしました。
131211_1
着物を着せる時はいつも靴を履かせていただのですが、
子供用にこんな小さな下駄があるんですね。私の下駄とサイズ比較。
131211_3

帰宅して「お土産あるよ~」と見せると「食べてもいい?」と聞いてきた娘。
美しいもの=おいしいもの、と思っているみたいです。
着物を着たときに履くものだと説明すると「そうなのかぁ!」と納得して早速試着。
サイズもぴったりで得意気になって家中を歩いています。
朝起きると「下駄さんはどこ?」ご飯を食べるときも履いたまま。
しばらくはディスプレイして私が楽しもうと思っていたのに、
完全にとられてしまいました。

日曜日は新宿で小一時間娘と時間をつぶさなくてはならなくなり
デパートの子供フロアをぶらぶら。
日々子鉄に成長しつつある娘、電車柄の靴下を見た瞬間「中央線だ!これがいい!!」
と即決。ちなみに色違いの水色バージョンは「京浜東北線!でも中央線が好き」ということで却下。
その後ユニクロでかわいい靴下発見(左から4足)。電車靴下はユニクロ3足分のお値段でした。
131211_2

松本散歩

2013年09月02日 23:29

夏休み中、ちょっと足を延ばして松本へ出掛けました。
一度訪れてみたかった城下町。
蔵造りの街並みを散策して素敵なお店でお買い物。

130902

主人はずっと探していたコーヒーカップと運命の出会い。
イメージ通りのものらしいです。
週末の朝はコーヒー豆を挽いてゆっくり朝ごはん。
これで飲むコーヒーは特別美味しいらしいです。私はIKEAのカップなんだけどなぁ...

私の出会いは小さなガラスのピッチャー。
あってもなくても困らないけど、こういうものばかりが増えていきます。

2013有松絞りまつり

2013年06月06日 23:57

数年振りに絞りまつりへ行ってきました。
お目当ては雪花絞り。
檀れいさんのCM以降、品薄状態が続いているとか。

雪花絞りといえば張正さん、買うなら絶対ここでと決めていました。
お祭り初日の早い時間に行きましたが並べてある反物はごくわずか。
「お時間いただければお好きな柄を染めますよ」と
おっしゃっていただきましたが、好みぴったりの反物がありめでたく購入することができました。

じゃじゃ~ん!!
130606_3
鉄線のような、万華鏡のような素敵な模様。
青い雪模様のものと迷いましたが、夏着物として着られるように
こちらを選びました。

ありがたいことに、またたびやでは現在夏着物・浴衣のご注文を
頂戴して全力疾走中です。
お客様のご依頼分がひと段落したらこの反物を仕立てたいと思います。
深夜にこっそり反物を広げてはうふふ~♪とにんまり。
どんな帯を合わせようか、帯選びもまた楽しみの一つです。

着物が好きな娘はどのお店でも「きれい~!」を連発して
大人しく買い物に付き合ってくれました。
いつものやんちゃぶりからは想像できないその姿にびっくり。
本物には2歳児でもわかるようなオーラがあるのでしょうか。


他にも素敵な手ぬぐいを購入しました。
130606_4
左:芸大の学生さんが染めた手ぬぐい
右:張正さんで売られていた手ぬぐい

娘は張正さんで小さな絞りのうちわを頂きました。
大人の手のひらサイズで和紙に絞りが施されています。
130606_1

しぼりーちゃんにも遭遇!
130606_2

絞りまつりでは絞りを購入することはもちろん、
お店の方やお客さんの絞りの浴衣を見ることも楽しみの一つ。
おばあちゃんも子供たちも本当に素敵な着こなしで
絞り好きにはたまらない一日でした。
次回は絞りを着て行きたいなぁ!

居酒屋きものフリマ終了!

2013年05月22日 20:30

たくさんのご来店ありがとうございました。出店者といいつつ私もお客様に混じって楽しみました。
紙袋いっぱいのお着物をかかえ、「また買っちゃった~!」と笑顔でお帰りになるお客様方。
次回は同じく中野にて7/6(土)に開催決定です。ぜひぜひご来店ください。

<これを着てました>
130522_1

ポリ+絹混紡の単衣、長襦袢は省略してうそつきスリップのみにしました。
お茶のお稽古に行くときは「5月中は袷」をしっかり守っていましたが、
きものフリマはお客様の熱気ムンムンでいつも酸欠状態だし
大量の荷物で結構重労働。
軽くて汚れの心配もないポリの着物はかなり重宝します。
お客様も半数以上が単衣をお召しでした。単衣の着用期間、どんどん延びていますね。

2ヶ月振りに着物を着ましたが、
着付けにかかる時間は以前週1で着物を着ていた時の約二倍。
しかも時間がたつにつれてどっと疲れが。
着物が非日常になってしまったことを痛感しました。
もっと着なくては!

<お買い物>
130522_2 130522_3

一目惚れしてしまった単衣の着物をお持ち帰り。色目は左の写真が近いです。
とってもきれいな水色に大好きな鳥さん模様。アンティークだけど状態がすごくいいです。
申し訳ないぐらいのお値段で、足袋の片足分ぐらいです(わかりにくいかな?笑)。
130522_4

欲しかった真っ赤な半幅帯もプチプライスでお買い物。
次回のフリマも半幅帯はたくさん並ぶと思いますよ!

ふたりの誕生日

2013年04月20日 07:40

娘は二歳になり、私も一つ歳を取りました。
日々自己主張が激しくなる娘の対応で、自分の人間性を試されているような毎日。
心にゆとりを持っていつも優しいお母さんで…なんて夢のまた夢。
順調にイヤイヤ期へ突入しました。

娘へのプレゼントは夫婦合作のこちら。
130420_2
絵の裏にひらがなが書いてある、昔からあるおもちゃです。
私も弟も大好きでこれで文字を覚えたので。

私はボール紙を切ったり貼ったり工作を担当。主人には絵を描いてもらいました。
思わぬ形で主人の隠れた才能を発見!こんなにかわいい絵が描ける人だったとは。
早朝に起きて、出勤前に創作活動。
約1週間かけて描いてくれました。

娘は喜んで毎日遊んでいます。
私のお気に入りベスト3はこちら。
130420_4

もう一つ、私からはエプロンを。
大人のやることを何でも真似したがり、私のエプロンを引きずりながら着ていたので大喜び。
おままごともだんだんさまになってきました。
130420_6 130420_7

パターン:後姿がかわいい子供エプロン
平置きよりも着るとほんとに後ろ姿がかわいいです。

じじばばや親戚からもたくさんプレゼントをもらいました。
↓水色のリュックサックは大のお気に入り。
130420_1
元気に誕生日を迎えることができた幸せに感謝!


自分へのプレゼントは

にぎり鋏のネックレス!
130420_5

女性作家さんの作品で、デパートの催事で一目惚れ。
裁ち鋏バージョンもあってデザイン的にはそっちのほうがかわいかったのですが
和裁士としては断然こちらかな、と。

仕事頑張れ!のエールも込めて...
間もなく仕立ての受け付けを再開致します。
詳細を詰めておりますので今月中には料金表をアップしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

菜の花と桜

2013年03月27日 22:00

突然訪れた東京の春。お花見は4月上旬を予定していたのに
いきなりの満開宣言。先週末、慌てて浜離宮へ行ってきました。

花より団子、ということでまずは腹ごしらえ。
築地でうに定食と三色丼を食べました。
娘、いくらが大好物で一粒ずつ指でつまんでおとなしく食べるので
その間は大人もゆっくりご飯を楽しむことができます(笑)。
130327_1

三色丼は1500円、うに定食は驚異の1000円!です。
海鮮の美味しいお店はたくさんありますが、ここで食べるともう他のお店には行けなくなります。

築地では具だくさんのおにぎりや鳥肉屋さんの焼き鳥、から揚げなど
お昼ご飯を調達しました。

築地と浜離宮は十分徒歩で行ける距離なので、お花見にはとても便利です。
桜の名所としてはあまり有名ではありませんが、その分お客さんも少なくて穴場です。
今年は菜の花の開花が遅れ、桜は記録的な速さで満開になったので両方を一緒に楽しむことができました。

130327_3

130327_2

浜離宮の住人?まっくろ猫ちゃんに遭遇。にゃんこ大好きな娘はその場から動かなくなってしまいました。

鮮魚で有名な築地ですが、場外の八百屋さんでは新鮮なお野菜が安く買えます。
スーパーに比べたら鮮度と味は段違い。
空豆とグリーンピース、新じゃがを買いました。
130327_5

和菓子屋さんにはこんなかわいい「魚々どら(ととどら)」も。
保冷剤なしで持ち帰ることのできるおすすめの築地土産です。
130327_4

新春の衝動買い

2013年01月12日 01:18

会社員を卒業(退学?)してから、すっかり物欲が消え(着物は別ですが.笑)
せっせと断捨離に励んでいますが、時々お店で「運命の出会い」があります。

今年最初の衝動買いは「陶器」でした。

その1.
某デパートで行われていた若手陶芸家のグループ展。
ハンサムな二枚目茶入れに一目惚れ。
130112_2

頭を冷やすために、いったん売り場を離れて屋上で娘と遊んでみたりしましたが、
これを逃すと夢に出てきそうな気がして購入決断。
仕覆がないのでこれに合うような古裂をゆっくり探そうと思います。


その2.
久しぶりに出かけたミッドタウンで主人が見つけたマグカップ。
130112_1

夫婦揃って焼き物好き、で子供ができる前は全国の窯元を訪ねる旅をしたりしてました。
「今日はなんだか財布の紐がゆるい」と言っていた主人が「これがいい!」と見つけ
「記念に一つ買ったら?」と言ったら「色違いで2色買うことに意味がある」
と言うのでお揃い買い。
売り場に並んでいた時以上に、うちで眺めていると存在感があって
いいお買い物をしたな、と大満足です。

春を探しに築地へ

2012年04月12日 22:03

かなり日にちがたってしまいましたが、3月下旬に1年ぶりに築地へ行きました。
臨月の頃、高カロリー食を求めて築地で「うにいくら丼」を食べたっけ。
今思うと出産の1週間前です。


別に築地まで行かなくてもたいていのものはどこのスーパーでも揃いますが、
やっぱり築地はものがいいし安い!
そして何より楽しい!!

今回は主に場外でのお買い物でしたが、
一軒だけ、いつも行く場内の乾物屋さんでドライフルーツを3種類購入。
マンゴーと柚子とあんず。当分おやつを楽しめそうです。


そしてこのこの時期、市場には春がいっぱい!

筍と空豆。
120412_1

筍はゆでるととうもろこしの香り。これぞ春!なお味でした。
空豆はびっくりの大きさ。娘も一緒に食べました。

新のりも出ていました。青のりのきれいな色。
こんぶは本当にたくさんの種類があって迷ってしまいますが
日常使いのだし取り用を購入。激安です。
120412_2

そして鰹節。
我が家では鰹節はそのつど削り器で削っています。
写真の上のほうに写っているのが削り器です。
使い始めるまでは「めんどくさそう」と思っていたのですが、
慣れれば全くそんなことはありません。
削っている時間なんて1~2分のものですから。
手間よりも何よりも、あの味を知ってしまったらもうやめられません。
しゅっ、しゅっ、という音も大好きです。

私の母は大分出身で、お味噌汁はいりこだしだったのですが、
(だしを取った後のいりこはにゃんこのご馳走になります)
鰹節を削り始めてからは鰹+こんぶの二番だしになりました。
一番だしはほとんど娘の離乳食で消えてしまいます。
茶わん蒸し・おじやに野菜の煮物。母の味を覚えてくれるかな。

春は浜離宮にも。
ちょうど菜の花が満開でした。
高層ビルとともに菜の花畑が見られるなんて、都会ならではの不思議な光景ですね。
なんともいえない菜の花のいい香りに元気をたくさんもらいました。
120412_3

久しぶりのくろまめ茶論

2011年01月19日 10:18

毎月どうしても都合がつかなかった第3火曜日のくろまめ茶論。
やっと今月はお邪魔できました。
優しい店主様のなごみ空間。
行って良かった!やっぱり楽しかったです。

頂いたのはこの二枚。着物と半衿です。
11119_1

11119_2

実はお腹の子は女の子らしいと言われているので、
一つ身や四つ身に直したらかわいくなりそう!と
この着物に手が伸びました。
梅の柄で今の時期にぴったりなのですがそのまま着用するにはしみが気になる...
でもその分ぴっくりの500円!
解いて綺麗に洗おうと思います。
半衿は七五三のイメージで。

子供の性別はどちらでもいいと思いつつも
やっぱり気になるものです。
実は11月に男の子らしいと言われ、名前まで考えていたのですが
12・1月の検診では女の子と言われました。
主人も母も女の子で喜び倍増。私の親戚では
私の後は男の子しか産まれていなかったので
嬉しいニュースとなりました。

くろまめ茶論、町田の骨董市にも平日の茶論にも行けない方に朗報です!
来月は日曜日にも開催とのこと。

2月6日(日)12時~17時
場所:渋谷区円山町15-14
詳細はくろまめさんのブログをご覧下さい
 
ここでお着物を見てしまうと他では買えなくなってしまいますが
(あまりにも良心的なお値段なのです)
着物の楽しさを一層広げてくれますよ。
この日、私は参加できないのですが是非ぜひお出掛け下さい。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。