スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶摘み

2014年07月01日 23:27

新茶の美味しい季節です。
先月、一度やってみたかった茶摘み体験に行ってきました。
140701_2

3歳でもできる施設があり、茶摘み娘の衣装に着替えてスタート。
初めは着替えを嫌がっていた娘も
「かわいいよ~。みんなお揃いだよ~。」とお姉さんにおだてられすっかりその気に。
140701_3

140701_1

初めての茶摘みはまさに「百聞は一見にしかず」でした。
想像以上の楽しさ。男性も同じ衣装を着るのですが、
一緒のグループになったおじさま達も楽しそうでしたよ~。
この格好でお茶を摘むことに意味がある!!
終わった後に入れて頂いたお茶の美味しいことといったらもう最高でした。

自分で摘んだお茶は持ち帰ることができるのですが
自家製烏龍茶のレシピを頂いたのでチャレンジしてみました。
これがまた格別の味。フルーティーで優しい香り。
毎年行きたいね、と恒例行事の予感です。
140701_4
スポンサーサイト

着物で京都旅

2014年04月04日 12:10

2月に引き続き、3月末にまたまた京都へ行ってきました。
桜の開花直前で時期的に修学旅行生も少なくてなかなか穴場な時期でした。
今回も貸切の町屋に宿泊、天神さんの日も重なり2ヶ月連続で
骨董市を堪能、手作り市にも行けて大満足です。
(天神さんレポは後日また...)

今回の初挑戦は「京都で親子着物」。
どこを切り取っても絵になる京都で、娘と着物を着たいなぁ、と。
荷物は増えて大変でしたし、娘の写真だけを撮りたい主人には
「あなたも着るの?」と冷たく言われましたが...
気にしない、気にしな~い!!

↓哲学の道にて。つぼみの桜を眺めつつ頭の中では満開の様子を妄想。
140404_2

普段はやんちゃな娘ですが、着物は抵抗せず一日中喜んで着ていました。
観光客向けの着物レンタル屋さんが増えて外国の方も大勢着物を着ていらっしゃったのは
とても嬉しかったです。

↓南禅寺にて。普通の靴を履いているので、思う存分歩かせて疲れてお昼寝→大人の観光パターン。
140404_1

年度末から新年度、普段はのんびり生活の私ですが
急ぎの仕事も重なり平日が二倍欲しいと思うほど。
毎日色々な仕立てをさせていただき、
新しいお客様・お着物との出会いに日々感謝しております。

町屋に泊まる京都旅行

2014年03月12日 04:30

週末の大寒波が続いていたのでかなりの寒さを覚悟していたのですが、
奇跡的に暖かい日に恵まれ娘2歳、無事京都デビューを果たしました。
140312_3

140312_4

何かと気を使う子連れ旅。貸切の町屋に泊まることを一番の目的として
錦市場で食材を買って自炊、あとは気の向くまま京都の街をお散歩。
私はフリータイムをもらって天神さんで数年振りの骨董市を堪能。
大満足の旅行でした。

140312_2
↑天神さんで目が合ってしまったにゃんこ。連れて帰りました。

一日一組貸切の町屋はセンス良くリノベーションされていてとても快適でした。
食器をはじめ、土鍋や炊飯器、トースターまであって
市場で買ったお米を炊いておばんざいを堪能。
お漬物や玉子焼きも買ってすぐ食べられるのが楽しかったです。
140312_1

実は、あまりの楽しさに今月末も再訪決定。
また行ってきま~す!

秋の足音

2013年09月17日 23:29

台風のため残念な日程となってしまいましたが、3連休に八ヶ岳へ行ってきました。
稲穂が重く垂れさがり、かわいい手作りのかかしさんが並ぶ田園風景に心癒され
里山の秋の味覚を堪能してきました。

買ってきた緑の野菜たち。
一番左は「こどもピーマン」です。まったく苦味がなくて種ごと食べられます。
都内のスーパーではかなりのお値段で見かけることがあるのですが
八ヶ岳では朝採りのものをお安く入手することができます。
右の二袋はバジル。なんと一袋120円!ジェノベーゼソースにして冷凍保存しました。
130917_1

小布施の栗。
皮むきの苦労が報われる旬の味。
130917_3

娘は保育園から大量のどんぐりをお土産に持って帰ってきました。
どんぐりをひろっておままごと。子供たちも秋を楽しんでいるようです。
130919_1

充電完了

2013年08月25日 01:26

長い夏休みでしたが、終わってみるとあっという間でした。
冷房要らずの快適生活から東京に戻り、忘れていた夏バテが復活。
今年は残暑が長引くとのことなので、暑さとの戦いもしばらく続きますね。

仕事も再開!しっかり充電しましたので張り切って縫います。
8月に入ってから袷のご相談も増えてまいりました。
涼しくなる前に、お着物の寸法直しをお勧めいたします。

旅行用に縫った洋服たち
130825_1

一面のひまわり畑やぶどう狩り 毎日盛りだくさんに出掛け、遊び、食べました
130825_2

益子陶芸散歩&いちご狩り

2013年05月24日 06:11

しばらくお休みしていた陶器を楽しむ旅へ、久しぶりに行ってきました。
(先月の話です...)

夫婦揃って陶器好きで、これまでに日本中の窯元を色々旅してきました。
子供が生まれるとこういう旅行はなかなかできないのですが
主人のご飯茶碗が割れてしまった&私の急須にもひびが入ってしまったということで
近場の益子へ。(近場といっても新幹線利用ですが...)
かねてからやってみたかったいちご狩りも初体験。
いちご大好きな娘は夢中で食べていました。2歳児は無料!
130524_1
いちごハウスの周辺にはつくしもたくさん!
私は田舎育ちなので春になるとつくし狩りに行き袴を取るお手伝いをしたものですが
初めてつくしを見て驚く主人の姿に逆に驚きました。
130524_2

益子でのお買い物、いわゆるメインストリートのお店ではこれというものに出会えず
がっかりしていたところ、宿泊先のホテルにおいてあった地元情報誌でおしゃれなお店をみつけて
翌日訪問。主人も私も探していたイメージそのもののお茶碗と急須に出会い無事購入できました。
自宅で仕事をしていると一日に何度も急須でお茶を入れるのですが、
好きなものに出会えてお茶タイムも格別なものになりそうです。

急須と一緒に片口も購入。どんなお料理にも合うので毎日活躍しています。
130524_5


おまけ
益子に出掛けたのは数年ぶり。新しいレストランも増えていて、美味しいランチを堪能しました。

震災で壊滅状態となった登り窯の煉瓦で作った「復興釜」で焼いたピザ
130524_3
地元の食材を使ったランチセット
130524_4

信州へ行ってきました

2012年10月24日 23:18

先週末、信州へ行ってきました。
121024_1

赤ちゃん雑誌の読者モニターで「赤ちゃんルーム」の宿泊券を頂き、
せっかくなので主人の会社の保養所とのセットで2泊3日。
紅葉にはちょっと早めでしたが1歳児連れの旅行は
普通の旅館やホテルだとちょっと難しいので
気兼ねなく泊まれるということで気持ちがかなり楽でした。

「赤ちゃんルーム」はワンフロアすべてが赤ちゃん連れ仕様になっていて
まわりもすべて子連れファミリー。
室内は和室なのですが、家具の角はすべて保護されて「ごっちん防止」対策ばっちり。
121024_3
↑和室に2ベッド+畳の上に赤ちゃん布団が。
うちはこの形態で寝ることができず何度も起きてしまったので
結局大人も畳の上で寝ることに。ベッドじゃなくて敷布団が良かったです...

予約時におむつのブランドとサイズ、粉ミルクの種類を聞かれたのですが
大人のアメニティグッズとは別に子供用のグッズがかご盛りになっていて大感激!
おむつ用のごみ箱や哺乳瓶洗浄剤、たわしなども完備されていていたれりつくせりでした。
121024_4

「旅行なんて子供が大きくなって、しつけがちゃんとできるようになってから」
という意見はごもっともだと思うのですが、家族旅行のためにママ・パパが仕事や子育てを頑張れたり
つかの間の休息を得られるのなら、ちょっと大目に見て欲しいな、と思います。
平日はほとんど娘の寝顔しか見ていない主人。3日間、笑顔の娘とたっぷり遊ぶことができました。
121024_5

親孝行&のんびり夏旅

2012年08月31日 23:00

お盆休みをはさんで2週間、名古屋の実家と信州へ出掛けました。
たまにしか会えないじじばばにもすぐになついて抱っこ攻撃。
あんな優しい笑顔になるなんて、孫の力は偉大です。

東京へ戻ったら涼しくなっているかな...と期待したのですが
予想に反して残暑厳しく、今週は完全にダウンしていました。

クーラーのいらない信州の山の中は、和裁にはもってこいの環境なのですが
娘中心の毎日。去年はまだ首が座ったばかりであまり出かけられませんでしたが
今年は精力的に動き回りました。

「パパと遊んでおいで~」と二人を送り出し、どっぷりと
趣味の時間に浸る夏休みがいつかきっとおとずれますように...

※以下、着物ネタではありません。写真のサイズも揃っていなくてお見苦しい限り。
 旅の思い出備忘録です。

ブルーベリー狩りに挑戦
120831_6

炎天下でのジャガイモ堀りは大人がバテバテ&当分我が家はジャガイモ料理です
120831_1

120831_2

子供がいなかったら絶対に行かないテディベア美術館 この写真が撮りたくてちょっと寄り道
120831_3

ハロウィン用のかぼちゃを調達
120831_10

娘には二人のパパラッチがいて...先輩パパラッチの仕事を助手が激写(笑)
120831_8

走り回る娘、どうしても後ろ姿しか写せません...
120831_5

涼を求めて

2010年07月22日 23:56

実は先週、北海道に行ってました。
梅雨明け前の東京は、じめじめ湿度が最高潮。
猛暑の日本列島ですが、さすがに北海道は別世界で
涼しく快適な北の大地にすっかりはまってしまいました。

写真ではなかなかお伝えきれませんが、暑中お見舞いに、爽やかな風をお届けします。
札幌~旭川~富良野~美瑛というコースで、レンタカーを借りてののんびり旅でした。

富良野・美瑛はラベンダーが満開!
100722_4

100722_5

美しい丘に、麦・じゃがいも・ブロッコリーなどが植えられパッチワークのようです。
100722_11

100722_10

100722_12

果物の中で一番好きなメロンも最盛期。
100722_9


地元の食材を使ったイタリアンやフレンチ。
サラダは組紐の配色の参考資料としてたくさん写真を撮りました。
こんな色の帯締め、いかがでしょうか。
100722_13

100722_2


ウニも今が旬。1年分のウニを堪能。
100722_7

100722_1


旭山動物園には三回も行ってしまいました。
100722_8

100722_14

不思議な”青い池”
100722_3

秩父銘仙見学記

2009年11月05日 23:43

IMG_2634.jpg先日、和裁学校の産地見学ツアーで
秩父銘仙の織元さんを訪ねました。
きものブームの衰退と共に一時はなくなりかけた
銘仙ですが、廃業せずに織り続けてこられた唯一の織元さん。
「銘仙は機械織り」の認識が大きく変わりました。
[秩父銘仙見学記]の続きを読む


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。